アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

< 第29期名人戦七番勝負第1局 >
  先手 ●依田紀基 名人     対   後手 ○張栩 挑戦者

別ウインドウで開きます打ち手再現 | 使い方

棋譜
1〜6手

挑発?

 「挑発か」との声がいきなり検討室にわき起こった。白2は早くも5分の考慮時間。さらに驚きなのは黒3だ。なんと23分の消費を記録した。波乱の前兆ととらえるのは記者の勇み足だろうか。

 今期の七番勝負は本紙創刊125周年を記念して9月9日、大阪市で幕を開けた。29年の歴史のなかで、大阪での挑戦手合開催は初めてのことだ。

 初めてといえば、24歳7カ月の張挑戦者には大きな記録がかかっている。奪取に成功すれば史上5人目の「名人・本因坊」。これはみなさんもご存じのはず。注目なのは史上最年少での達成がなるかどうかだ。

 依田名人は名誉名人の称号がかかる5連覇を目指す。そうそう、こんな記録が生まれた。名人は対局4日前の日曜日に大阪入り。通常は早くても前々日だ。おそらく、前例はないでしょうね。

 対局当日の握りの儀式でも、ちょっぴり珍しい光景に遭遇した。名人が白石を握ったあと、挑戦者は黒石二つを盤上に置き、偶数先の意思表示。握られた石数が奇数か偶数かは五分五分だから、黒石一つをつまみ、奇数先を宣言するのがよくあるケース。名人も挑戦者も意外なところで気合を表に出している。

 「挑発に映る白2は予定の行動かもしれません。依田名人は、先番なら初手はほとんど小目ですから。黒3は広いところを目指した自然な一着です」と解説の山田規三生八段。 [次の譜へ]

(松浦孝仁)

2004年10月5日


関連情報

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

囲碁ピックアップ

ねっとde碁

名人戦名局百選

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission