アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

探求派名人 対 実戦派新鋭

第29期囲碁名人戦七番勝負 9月9日開幕



 朝日新聞社主催の第29期囲碁名人戦七番勝負は9日、大阪市のホテル「ザ・リッツ・カールトン大阪」で開幕する。朝日新聞創刊125周年を記念する七番勝負。5連覇を目指す依田紀基名人に挑戦するのは、名人戦初登場の張栩(ちょう・う)本因坊。打ち盛りの38歳「探求派」の名人が、「実戦派」の大型新鋭をどう迎え撃つか。(2004年09月06日付朝日新聞朝刊掲載)

 



◆自分を信じて打つ 名人・依田紀基(38)

依田紀基名人
依田紀基名人

 張栩君と小林覚九段との同率決戦は、どちらが勝ってもおかしくないと思っていました。好調の小林九段を破って挑戦者に名乗りを上げたのだから、勢いがあるのに違いない。

 例年のぼくは秋の名人戦一本に照準を合わせているが、今年はほかの棋戦を頑張りすぎた(笑い)。

 春から富士通杯に本因坊戦の七番勝負、夏は碁聖の防衛戦。この間、沖縄へ行ったり中国を転戦したり、とにかく忙しかった。

 こんなに目まぐるしいのは、プロになって一、二の経験ですね。疲れてはいないけれど、ちょっと働き過ぎかな。4月に都心に引っ越して気分も一新したし、調子は悪くないです。

 名人の5連覇は意識しないようにしたい。勝つことをあまり意識しすぎると、勝ちがかえって遠くへいく感じもあるしね。そこの気持ちのコントロールが難しいのですが。

 張君の碁ですか? うーん(しばらく考えて)実戦的な碁ですか。本因坊戦はぼくの負けだったが、自分なりに一生懸命打った。負ける時は負けるもので、まあ仕方がない。

 若い頃なかなかタイトルが取れなくて、悩んだことがある。そのとき、「自分を信じよう」と考えを変えて名人になれた。

 その気持ちを忘れず、一局一局大切に打ちたい。

◇     ◆     ◇

<名人 依田紀基(38)>

 北海道美唄市に生まれ、岩見沢市で育つ。小学5年のとき上京し、安藤武夫七段門下。史上最年少の18歳で名人戦リーグ入りし、00年趙治勲名人を破って初の名人位獲得。以後4連覇。碁聖は今夏防衛して通算5期。今年は富士通杯で準優勝、本因坊戦では張栩本因坊に2勝4敗で敗れた。

 着実で本格的な棋風。夫人は原幸子四段。



◆多くを吸収したい 挑戦者・張栩(24)

張栩本因坊
張栩本因坊

 挑戦者になれたのは実力以上の結果です。運がよかったとしか言いようがありません。

 5月に5勝1敗で単独トップに立ったときには、「結構チャンスがあるかな」と思っていました。

 ところが、7戦目で山下君(敬吾九段)に負けて2敗になり、本因坊防衛戦の最中だったこともあり、挑戦権どころでなかった。

 幸い本因坊が防衛できて振り返ってみたらチャンスはまだあって、同率決戦もどうにか勝てたという具合です。
 今年は勝率が思ったほどよくないが、大事な対局で結構勝っているから不調ではないと思う。

 ぼくはまだ力不足。自分の碁の形もまだ模索の段階です。常に実力よりも結果がよく、運に恵まれてきた。結果を残したいから苦しい局面で勝負手を放って、勝負を一番大事にしているところがある。
 夏の本因坊戦でも内容では押されていた碁が結構あった。それなりに善戦して結果が出た以上に、いい勉強になった。

 依田名人の碁は、考えが明るいのが特徴です。「これで十分」という判断力は勉強になる。

 ぼくは影響を受けやすいタイプなので(笑い)、今度も依田名人からたくさん吸収するつもりです。

 結果を意識しすぎず、内容のいい碁を打ちたい。

◇     ◆     ◇

<挑戦者 張栩(24)>

 台湾生まれ。10歳で来日し、林海峰名誉天元の内弟子を経て14歳でプロ入り。03年加藤正夫本因坊を破って初のタイトルを獲得し、最年少で九段に昇段。今夏、依田名人の挑戦を退け初防衛。王座との二冠。NHK杯と新人王が優勝各1回。名人戦リーグは2期目。

 形勢判断が的確で、詰め碁作りも有名。夫人は小林泉美女流本因坊。

関連情報

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

囲碁ピックアップ

ねっとde碁

名人戦名局百選

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission