アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe


〈石田芳夫九段の展開予想〉 勢いでは挑戦者に分


写真

石田芳夫九段

写真

戦力分析グラフ

 リーグ序盤は依田碁聖と小林九段が3連勝。依田碁聖が2度の半目負けで調子を落としたのに対し、小林九段は劣勢の碁も逆転して勝ち進んだ。

 7勝1敗同士で迎えたプレーオフの相手・山下天元は、昨年に天元を獲得したあたりから力強さが戻ってきた。しかし、拾って勝ってきた方に勝ち運があるものだ。

 こういう挑戦権の取り方は非常にいい。事実、8戦全勝で他を圧倒した挑戦者は過去に一度も名人になっていない。

 小林九段は、いま乗りに乗っている。棋聖を取った10年前よりも好調に見える。次々と出てくる20代のタイトル者に刺激を受けているようだ。

 張名人の調子は、悪くはないが下降気味。1勝4敗でタイトルを失った5、6月の本因坊戦は、星も内容も不完全燃焼だった。名人と王座の2冠では「独走」の雰囲気はない。二つあった三大タイトルが一つになり、精神的違いがどう出るか。

 名人は仕掛けが早く、足早に地を稼ぐ棋風。挑戦者は、基本的には相手の手に乗って打つタイプだ。戦力を分析すると、挑戦者はオール満点。勢いは挑戦者に分がある。

 番碁初対戦ということもあって、展開は興味深いが、名人が先に仕掛けることが多いのではないか。挑戦者はケンカを買うこともあるし、リーグ戦の経験で、細かい半目勝負にも自信を持っている。乱戦か持久戦かは、挑戦者次第と予想する。

 逆に名人の仕掛けにも注目。本因坊戦の時は、動き過ぎて失敗したきらいがある。その反省をどう生かすかでしょう。

関連情報

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

囲碁ピックアップ

ねっとde碁

名人戦名局百選

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission