アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

< 第30期名人戦挑戦者決定リーグ第11局 >
  先手 ●王銘エン 九段     対   後手 ○依田紀基 碁聖

別ウインドウで開きます打ち手再現 | 使い方

棋譜
1〜14手

高目の話

 高目(たかもく)の話をしよう。現代碁界でまったく冷遇されているのが高目である。一局に一つは高目を打つと決めている高木祥一九段の例はあるけれど、例外中の例外だ。

 なぜ人気がないのか。高目が悪いと結論づけられたからではあるまい。しいて理由をさがすと、運用が難しく、先の見通しが立たないからだろう。安心と安定を求める気持ちは高目を捨てさせ、星と小目に集中し、似たような布石が多くなる。しかし、見方をかえると、不安も不安定もいいものではないか。自分が不安なかわりに、相手だってこわいのだ。いきなり未知の世界が現れ、手探りで進まなければならない。高目は魅力がいっぱいだと思う。

 白2の高目、依田がやってくれた。黒3、白4と一呼吸おいて、面白いじゃないかと王は道策風に黒5。本因坊道策は満票で昨年の第一回囲碁殿堂入りを決めた三百年以上も前の大名人。道策の工夫は現代のミニ中国流に受けつがれている。もう完全に未知の世界へ突入だ。

 対局室を抜け出し、記者室で一服の小林覚九段は、「黒7のバランスがいいのかな」と首をかしげた。ここで王立誠解説者に登場してもらおう。

 「7の是非は難しすぎて分かりません。ただ、黒9はメイエンさんらしくないと思う。普通はAの一間。Bのコスミもありそうです。13まで、黒が右辺に集中しているのも気になります」

 白14はノータイム。これが依田の好手だった。

(春秋子) [次の譜へ]

2005年03月22日


関連情報

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

囲碁ピックアップ

ねっとde碁

名人戦名局百選

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission