アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

< 第30期名人戦挑戦者決定リーグ第14局 >
  先手 ●坂井秀至 七段     対   後手 ○依田紀基 碁聖

別ウインドウで開きます打ち手再現 | 使い方

棋譜
1〜14手

待望の一戦

 今期の一、二を争う好カードだ。この日がくるのを記者は20年も前から待っていた。

 二人の対局を初めて見たのは、藤沢秀行名誉棋聖が主宰する合宿でだった。中学1年の坂井はプロ低段(四段以下)の資格を特別に許され、名人戦リーグに入っていた依田六段に、先番2目半コミ出しで立ち向かった。まったく歯が立たない。コミなしの先で打つ自由早碁でも、手合違いのように負かされ続けた。

 しかしいま、立場は同じになり、互先で打てるのだ。坂井も胸を熱くしてこの日を待っていたに違いない。

 もう一人、待ちのぞんでいたのが、両者の第二の師というべき藤沢だ。4年前のプロ転向に際して、坂井のようにまとまった碁では伸びないのではないかと、疑問の声が出たとき、「碁の分からんやつが何をいうか。そんなものではないぞ」と坂井の肩を持ったのが秀行先生だった。記念すべき両プロの公式戦初手合。解説兼講評は藤沢のほかにはいない。

 黒5に坂井は15分かけた。7の道策流から9と広げる構図を念入りに考えたのだろう。

 依田は白10のカカリに11分、12のカカリに23分、14の引きに30分と、いつになく慎重。坂井を強敵と意識したか。この14から午後の部である。

 不思議なことに気がついた。午前中の依田はうっすらと無精ひげを生やしていたのに、さっぱりとして服装も変わっている。昼休みにすぐ近くの自宅に戻って、ひと風呂浴び、長い戦いに備えたのだ。

(春秋子) [次の譜へ]

2005年04月12日


関連情報

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

囲碁ピックアップ

ねっとde碁

名人戦名局百選

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission