アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

< 第30期名人戦挑戦者決定リーグ第16局 >
  先手 ●王銘エン 九段     対   後手 ○小県真樹 九段

別ウインドウで開きます打ち手再現 | 使い方

棋譜
現在は 第1譜 | 第2譜 | 第3譜 | 第4譜 | 第5譜 | 第6譜
1〜23手

「せっかくだから」

 対局が始まって30分しかたっていないのに、王はすでにぼやき始めていた。ぶつぶついいながら打たれた黒9には、我が目を疑った。ハサミもないのに、トンだのだ。

 「ほう、初めて見たね」と林海峰名誉天元。小林覚九段は「おもしろいねえ。大一番でこんなことやれるのは、世界中で銘エンさんだけでしょう」。「怖くてとてもマネできません。次に白からAなど、二間トビから離れて割り打たれると甘くなります」と解説役の楊嘉源九段。黒9が働くか甘くなるかが、勝負の鍵をにぎっている。下辺がいそがしくなった。王は黒11と肩をつき13にハネ、どんどん盛り上げていく。白22でAに入っていくのは、時期尚早だ。黒Bと迫られては、白がつらい。下辺を黒に囲ってもらってから荒らす方が、効率がいい。

 「どうやるんだろうねえ」と首をかしげながら、王は黒23へ。これも王の説く「ゾーンプレスの構えだね」と石田章九段。それにしても怖い姿だ。ほとんどの黒が下辺に集結しており、ここまで資本をかけて、荒らされたらそれで終わり。黒23で一路低くCだと、白Dの打ち込みやEの肩つきを両方見られ、かえって黒は薄い。

 王「僕も悩ましいのよ。せっかくだからね。この格好なら、23しかないと思った」

 王が席をはずすと、小県は下辺を見つめながら「それって地ですか。地なんですか」とつぶやいた。いきなり勝負どころを迎えた。もう下辺に突入していくよりない。

(内藤由起子) [次の譜へ]

2005年04月26日


関連情報

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

囲碁ピックアップ

ねっとde碁

名人戦名局百選

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission