アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

< 第30期名人戦挑戦者決定リーグ第22局 >
  先手 ●山田規三生 八段     対   後手 ○小林覚 九段

別ウインドウで開きます打ち手再現 | 使い方

棋譜
1〜34手

いやな相手

 昨年末から小林は勝ちまくっていたが、4月下旬に無傷の15連勝が止まった。小林に唯一の土を付けたのが、王座戦で対局した山田だった。全勝でリーグを走り、首位を堅固にしたい小林にとって、山田はいやな相手かもしれない。

 立ち上がりから、両者とも小刻みに時間を使う。右下の小ゲイマジマリに白が18とツケると、山田の手が止まった。黒19にノビるまで20分。続いて小林も長考にふける。昼休みを挟んで40分を投じ、白20にヒラいた。

 ふたりは何を悩んでいたのだろうか。「参考図の白1にツケたかったのだけど」と小林。黒2で3にサガってくれれば利かしになるが、手抜かれて黒2に向かわれるのがいやで断念したという。ところが山田は「白aのオサエ込みが残っていては黒が甘いのかと思っていた」と、違う見解を示していた。

 もともと黒があった右辺で、白30まで治まった姿は立派に見える。大矢浩一九段は「黒、冷静だなあ。僕なら興奮して黒19で変化し、攻めたくなるけど」。「厚みを背景に、黒31と打ち込めばきついと思ったのでしょう。しかし、いまひとつでしたね」と解説役の佐藤昌晴九段。白Aのハサミツケ、Bの切りをにらんでいる白32のツケ一本がうまかった。白34と軽やかに進出し、白の調子がいい。 (内藤由起子) [次の譜へ]

2005年06月07日


関連情報

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

囲碁ピックアップ

ねっとde碁

名人戦名局百選

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission