アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

< 第30期名人戦挑戦者決定リーグ第26局 >
  先手 ●小県真樹 九段     対   後手 ○小林覚 九段

別ウインドウで開きます打ち手再現 | 使い方

棋譜
1〜32手

自分の頭で考える

 対局前に記者室をのぞくと、将棋名人戦第5局がテレビに映し出されていた。小林覚いわく、「将棋は分からないなあ。何十年も一応やってはいるけれど、ルールを覚えたばかりの人に平手で負けていやになる」。

 小林のライバルがじつは記者である。おかしな紳士協定――定跡や手筋を勉強してはいけないという、将棋の先生にしかられそうな約束のもと、生涯平手で戦うヘボ将棋だ。かっこよくいえば、借りものの知識ではなく自分の頭で考えて指そうとの精神である。

 こんな話を持ち出したのは、いつも以上に本局の小林に、定石や常識を排して戦う姿勢を感じたからだ。

 白10は20分の長考。狭いほうからカカるのがまず変わっている。このときすでに構想ができあがっていたのだろう。中国流の黒5の一子に楽をさせない方針だ。

 小林の方針を理解すれば、白18、20以下も納得できる。28、30も露骨このうえない打ち方だが、右辺が主戦場と考えれば不自然ではない。解説は棋聖戦リーグやNHK杯でおなじみの宮沢吾朗九段。鬼才が難局をどうさばくか、おたのしみに。

 「黒はこのコースを避けることができた。21で黒Aとツゲば白25とコスむくらいのもの。そこで黒Bとトビ出して、どうということはない。しかし21以下が一つの気合なんですね」

 白32とツケて、ほぼ封鎖形。小林の速攻、吉と出るか凶と出るか。さあ小県は簡単には打てない。長考のうちに昼食休憩に入った。 (春秋子) [次の譜へ]

2005年07月05日


関連情報

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

囲碁ピックアップ

ねっとde碁

名人戦名局百選

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission