アサヒ・コム このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ このサイトの使い方へ 検索へジャンプメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

< 第30期名人戦挑戦者決定リーグ第32局 >
  先手 ●小県真樹 九段     対   後手 ○山田規三生 八段

別ウインドウで開きます打ち手再現 | 使い方

棋譜
現在は 第1譜 | 第2譜 | 第3譜 | 第4譜 | 第5譜 | 第6譜
1〜23手

頑張りがいあり

 大阪・西天満の日本棋院関西総本部は十数年ぶりだったので、迷ってしまった。よく知っている関西総本部は、山田規三生が入段した翌年の平成2年のころ。

 17歳の山田二段はおそろしく強く、雑誌の企画のプロアマ対抗勝ち抜き戦を一人で終わらせた。大刀を振り回して斬(き)りつける打ちっぷりから、記者はブンブン丸と名づけたものである。

 そんな思い出のつまった関西総本部も老朽化が進み、この10月、梅田駅前のビルのワンフロアに移転することが決まっている。つまり本局は現在の関西総本部での最後の名人戦リーグとなる。

 山田はがけっぷちに立たされている。リーグに残るためには1敗も許されない。本局に勝ち、最終ラウンドの対依田戦に勝って初めて残留が決まり、来期は新会館で名人戦が打てる。これほど頑張りがいのある状況もないだろう。

 すでにリーグ落ちが決まって、これが最終局の小県真樹は、いつもと同じように淡々と勢力的な布陣。黒15、17そして19と、左辺から中央にかけての厚みで白を圧倒するつもりだ。

 「しかし黒19と決めたのがどうだったか。白から21と受ける気がしないところなので、黒19は時期尚早かもしれない」と小県の感想。関西総本部の重鎮石井邦生九段の見方はことなる。

 「立派な行き方と思いますよ。黒23のあとの白を悩ましている」

 確かに山田は悩んだ。その白24、当てられる読者はまずいないのではないか。 (春秋子) [次の譜へ]

2005年08月16日


関連情報

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

囲碁ピックアップ

ねっとde碁

名人戦名局百選

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission