アサヒ・コム このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ このサイトの使い方へ 検索へジャンプメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

< 第30期名人戦挑戦者決定リーグ第33局 >
  先手 ●小林覚 九段     対   後手 ○王銘エン 九段

別ウインドウで開きます打ち手再現 | 使い方

棋譜
現在は 第1譜 | 第2譜 | 第3譜 | 第4譜 | 第5譜 | 第6譜
1〜22手

五線をめぐって

 碁界で一番長く、熱い日と呼ばれる、名人戦リーグ最終一斉対局。今期は8月4日に、東京・市ケ谷の日本棋院本院で3局、大阪市の関西棋院で1局が打たれた。

 全4局が挑戦もしくは残留争いに関係があり、消化試合はなし。今日からはトップを走り続けてきた小林覚と、勝てば残留確定の王銘エンとの一戦をごらんいただく。

 2人の対戦成績は王の6勝9敗。この程度のかたよりは珍しくない。しかし王の白番に注目すると1勝6敗。少し気になるデータだ。教えてくれたのは宋光復九段。

 「白番の王さんは、内容は悪くないのに最後には負けている。このパターンが目立ちます」

 本局も序盤の王はノビノビとしていた。白8なんて、ほかに誰が思いつくだろう。この五線の白石をめぐる攻防でまず白がポイントをあげる。

 白8は、黒9で11ならボウシの位置、黒9でAなら急所にあたる。そこで小林は黒9とワンクッションおいてから11へ構えた。

 「理解できません。白8はあいまいな位置だから、黒も5の石を軽く見るべきです。黒10とカカって問題はなかったでしょう」と解説の石田芳夫九段。

 白12で黒9が悪手化した。白2と12の小ゲイマジマリに、黒9と白10を交換した理屈だから、白を強化したお手伝いだ。

 小林は黒13に回れればよしとの判断だろう。しかし白も14の空き隅を占めている。白22まで、王は中央で暴れやすい碁形を手に入れた。不満なんて、あるはずがない。

(松浦孝仁) [次の譜へ]

2005年08月23日


関連情報

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

囲碁ピックアップ

ねっとde碁

名人戦名局百選

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission