アサヒ・コム このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ このサイトの使い方へ 検索へジャンプメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

第30期名人戦七番勝負 第5局

  ●張栩 名人   対   ○小林覚 九段
  10月19、20日 御所坊(神戸市)

打ち手再生 | 使い方
別ウインドウで開きます写真特集  | 日程と結果

写真

検討室では、白熱した戦況分析が続けられている

写真

午後3時、両対局者におやつがふるまわれた。じょうよ饅頭と果物の小鉢

写真

立会人の石井邦生九段(右)は今村俊也九段(左)と碁盤に向き合い、検討を重ねている

写真

両対局者の昼食。松茸ごはんのおにぎり、あぶらあげと豚肉のうどん、海老と海苔の天麩羅、筑前煮、おつけもの。海老は、早朝に明石の漁港で仕入れた

写真

第一着を打つ、先番の張栩名人。左は小林覚九段

写真

離れの「偲豊庵」が対局室にあてられている。朝の光をうけ、かがやいていた

写真

対局室を検分する張栩名人(右)と小林覚九段(左)。中央は立会人の石井邦生九段。 両対局者とも穏やかな表情だった

  1日目 | 2日目

左下隅の攻防が焦点に 1日目終了

 神戸市北区有馬町の旅館「御所坊」で19日始まった第30期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)第5局は、戦線を左下に広げた張栩(ちょう・う)名人(25)に対し、白番で挑戦者の小林覚九段(46)が午後5時31分、68手目を封じて1日目を終えた。20日午前9時から2日目を打ち継ぐ。持ち時間各8時間のうち、消費時間は名人2時間57分、挑戦者4時間34分。

 左上から上辺へと広がった激しい競り合いは、午後に入っても続いた。挑戦者は上辺白34から動き出し、白60まで険しい攻防が展開された。その後、名人は黒61とカカり、戦いは左下隅にもおよんだ。

 解説の今村俊也九段は「上辺の攻防は両者一歩も引かない、互角の戦い。競り合いが続き、見ごたえのある碁です。一手一手に深い読みが入っており、緊張感があります。左下隅から下辺へかけての攻防が勝負どころとなりそうです」と話した。

(10/19 19:15)

*   *   *

白が仕掛ける、黒も反発

 黒59とツイだ時点までの形勢について、今村俊也九段が解説した。

 「左上の白地は25目。右上の黒地は12〜13目。確定地は現時点で白が多い。黒は、上辺の白を攻めて余得を期待でき、発展性に富む」

 「序盤から戦いの連続で目が離せない。最初、白が仕掛けて黒も反発。どちらも一歩もひかない状態が続いています」

(10/19 16:30)

*   *   *

上辺の競り合い、激しさ増す

 午後1時の再開後、上辺の競り合いは激しさを増している。小林九段は白34から右上を力強く動き出す。白38コスミに今度は張名人が黒39とかぶせてきた。

 右上をどう立ち回るのかと、検討陣が見守るさなか打たれた小林九段の次の手は、黒の背後から迫る白40。「気が付かない手です」とNHK衛星放送解説の結城聡九段。『黒の包囲網だって弱いですよ』と逆襲を狙っているようにも見える強気の手だ。

 果たしてどちらが攻めているか。予断を許さない展開となっている。

(10/19 15:45)

*   *   *

立会人は「井山少年の師匠」

 立会人の石井邦生九段は、今月8日、阿含(あごん)・桐山杯決勝戦で、第30期名人戦挑戦者の小林覚九段を破って優勝した井山裕太七段(16)=当時四段=の師匠。最近はもっぱら「井山少年の師匠」と呼ばれています、と苦笑する。

 井山七段は、最年少タイトル獲得年齢を実に32年ぶりに更新した大型天才少年。師匠はもちろん、彼のリーグ入り、さらにタイトル獲得に期待を隠さない。

 「いずれタイトルを次に取るでしょうが、やはり十代のときに取ってほしいですね。国際的にも十代の新人が活躍して、そのジャンル自体が脚光を浴びて、より盛んになっていく傾向がある。ゴルフや他のスポーツなどもそうです。沈滞気味の日本囲碁界の再生のためにも、井山君が十代でもっと大きなタイトルを取ってほしいものです」

(10/19 14:30)

*   *   *

対局再開

 第30期囲碁名人戦第5局は午後1時、対局を再開した。再開後の張名人の31手 目は、10の三の上辺コスミ。

(10/19 13:15)

*   *   *

黒の下辺へ向かう攻めが焦点

 午前中は白24ツメから左辺へも戦いが広がり、昼食休憩に入った。

 解説の今村俊也九段は「挑戦者は白24から30まで左上に地を確保しました。黒の上辺から下辺に向かう攻めが焦点となりそう」と話した。

(10/19 13:05)

*   *   *

昼食休憩に

 第30期囲碁名人戦七番勝負第5局は、張栩名人が黒31手目を考慮中に昼食休憩 に入った。対局は午後1時に再開される。

 午前中の消費時間は、張名人53分、小林九段が2時間7分。

(10/19 12:15)

*   *   *

上辺で激しい競り合いに

 挑戦者の小林九段が白10と打ち込んで仕掛けたのに対し、張名人は黒11と戦線を拡大し、両者の気合がぶつかり合った。白16ツケから上辺で激しい競り合いが始まった。

 解説の今村俊也九段は「白10は初めて見る手で、挑戦者の意欲を感じます。これに対する名人の黒11も気合の反発。左上から上辺にかけて当分競り合いが続きそうです」と話した。

(10/19 11:25)

*   *   *

第5局、神戸で始まる

 第30期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)の第5局が19日午前9時、神戸市北区の旅館「御所坊」で始まった。神戸での名人戦は6年ぶり。

 3勝1敗とリードしている張栩(ちょう・う)名人(25)が勝って初防衛を果たすか、挑戦者の小林覚九段(46)が踏ん張って名人奪取へ望みをつなぐか。持ち時間は各8時間。張名人の黒番で始まり、同日夕に打ちかけた後、20日午前9時に再開し同夜までに勝負がつく。立会人は石井邦生九段。

 両対局者は、約10分前に小林九段、続いて張名人の順で入室。2人はじっと碁盤を見据え、開始時間を待った。午前9時、立会人の石井九段の「時間になりました、お願いします」の声に促され、張名人が右隅小目に第一着を打った。

(10/19 09:15)

*   *   *

立会人の石井九段「2人にはいつも感心」

 引き続き18日午後6時から、関係者が集まっての夕食会が開かれた。

 立会人の石井邦生九段は「張名人と小林九段は、碁の強いことはもちろん、礼儀正しくて立ち居振る舞いがきれい。いつも感心している。それにイケメンですし」となごやかに話した。

(10/18)

*   *   *

張栩名人と小林九段が対局室検分

 第30期囲碁名人戦第5局を翌日に控えた18日午後5時半、会場となる神戸市・有馬温泉の「御所坊」で、張栩名人と挑戦者の小林覚九段による対局室検分が行われた。

 張名人、小林九段の順に入室。小林九段は温泉に入った後の浴衣姿だった。両対局者は座布団の座り心地や碁盤、照明などをチェックし、問題がないことを確認した。

 対局室となる「偲豊庵(しほうあん)」は、旅館の離れの和室。有馬温泉を愛した豊臣秀吉を偲んでつけられた名だ。通常は茶室として使われており、つくばいの横には5連の水琴窟(すいきんくつ)を擁している。

 水琴窟とは、地中に埋めたカメに上部から水滴を落とし反響音を楽しむ、江戸時代からの造園技術だ。対局室には、その風雅で可憐な音色が聞こえてくる。

(10/18)

  1日目 | 2日目

関連情報

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

囲碁ピックアップ

ねっとde碁

名人戦名局百選

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission