アサヒ・コム このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ このサイトの使い方へ 検索へジャンプメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

第30期名人戦七番勝負 第7局

  ●小林覚 九段   対   ○張栩 名人
  11月9、10日 鬼の栖(静岡県伊豆市)

打ち手再生 | 使い方
別ウインドウで開きます写真特集  | 日程と結果

86手まで

写真

(右から)NHK解説の羽根直樹棋聖、武宮陽光五段、立会人の淡路修三九段、朝日新聞解説の片岡聡九段。碁盤を囲み、熱心に検討を重ねている

写真

張名人の昼食メニュー。親子丼、茄子の香り漬け、香の物、デザート(りんご、柿、巨峰)

写真

小林九段の昼食メニュー。ちらし寿司、茄子の香り漬け、香の物、デザート(りんご、柿、巨峰)

写真

第一着を打つ小林九段(左)と張名人(右)

写真

対局開始を待つ張名人

写真

対局開始を待つ小林九段

写真

対局室を検分する張名人(右)と小林九段(左)。中央は立会人の淡路修三九段

  1日目 | 2日目

明日の展望

 難しい局面での封じ手になりました。

 2日目のポイントとして、

(1)白74に飛び込まれたことによって、黒は地では損をしている。今後、上下の白の一団にどれだけ寄りつけるか

(2)左辺の黒地がどれだけまとまるか

(3)左下の大きなヨセに、どちらが回るのか

 の3点があげられると思います。

 封じ手で黒がどこから局面を動かしていくのか、注目されるところです。

 それでは、明日もどうぞお楽しみに。

(11/09 18:25)

*   *   *

攻めとしのぎの展開に 1日目終了

 静岡県伊豆市の「鬼の栖(すみか)」で9日始まった第30期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)の第7局は同日午後5時32分、黒番の挑戦者・小林覚九段(46)が87手目を封じて1日目を終えた。張栩(ちょう・う)名人(25)3連勝の後、小林挑戦者が3連勝して迎えた最終局。10日午前9時から打ち継がれ、同日中に決着する。持ち時間各8時間のうち消費時間は名人3時間16分、挑戦者4時間16分。

 序盤は穏やかに進み、右上黒43、45から中盤戦に。名人は白54、56と動き出し、挑戦者は黒61と攻めの態勢に入った。

 黒は63、65と好点を占めながら攻めを継続。名人は白72、74と右辺になだれ込んで食い下がる。

 黒は右下白の眼形も奪って二つある白の一団のからみ攻めを狙う。黒85、白86と換わったところで挑戦者が25分考え、次の手を封じた。今シリーズの1日目としては最も手数が進んだ。

 解説の片岡聡九段は「大一番は、互いの持ち味がよく出た、攻めと、しのぎの展開。この攻防がどう収まるかが当面の焦点です。難しい場面での封じ手になりました」と話した。

(11/09 18:20)

*   *   *

検討室で疑問の声

 黒67がやや緩んだ形で、検討室ではやや疑問の声があがっています。それをとがめた白70は、あげ足を取った機敏な様子見です。黒が72に受ければ堅いのですが、利かされてしまうだけの手なので打ち辛く、実戦は勢い71にオサえて頑張りました。が、当然白は74に飛び込み、右辺の黒地はだいぶ目減りしてしまいました。

 黒67では、参考図の1から形を決めた方が右辺の黒地がしっかりしていてまさったのではないか、という淡路修三九段と片岡聡九段の検討です。参考図を見ると、実戦と比べ、右辺の黒地がだいぶ大きいのがおわかりいただけると思います。

(11/09 16:58)

*   *   *

黒、軽快な石運び

 黒は61にノゾいた石を軽いおとりにし、63〜69と好点に先行して、軽快に打ち回しています。小林九段らしい柔軟な石運びです。

(11/09 15:23)

*   *   *

黒、積極的に立ち回る

 黒31、33、41と、ドライな打ち方です。左辺のこの3手によって先手で白からの攻めを緩和させ、黒43の大どころに向かう進行は、まるで小林光一先生の打ちぶりを見ているようです。黒が積極的に立ち回り、白がじっくり追いかける、第6局とやや似た展開に見えます。

(11/09 13:45)

*   *   *

対局再開

 第30期囲碁名人戦七番勝負第7局は午後1時、対局を再開した。再開後の小林九 段の41手目は、3の五。

(11/09 13:10)

*   *   *

昼食休憩に

 第30期囲碁名人戦七番勝負第7局は、小林九段が41手目を考慮中に昼食休憩に入った。持ち時間各8時間のうち、午前中の消費時間は張名人49分、小林九段が2時間11分。

 対局は午後1時に再開される。

(11/09 12:05)

*   *   *

穏やかな進行

 午前中は大変穏やかな進行です。左辺はだいたい打ち終えたので、午後からは右辺を黒がどうまとめるか、あるいは白がどう荒らすかがポイントになりそうです。

(11/09 12:00)

*   *   *

珍しい立ち上がり

 双方二連星の珍しい立ち上がり。黒13に29分が費やされた後は、下辺から左下にかけ比較的快調なペースで手順が進む。やや黒が足早に打っている印象だ。名人は白36から38と上辺に展開した。

 解説の片岡聡九段は「黒1から5は挑戦者が一時、得意にしていた布石。白12は局面を細分化する意図でしょうか。穏やかな序盤になっています」と話した。

(11/09 11:45)

*   *   *

四隅で星

 今シリーズ初めて、二連星どうしのスタートとなりました。一昔前の星打ち全盛時代にはよく見られたのですが、最近では逆に珍しい布石です。

 ちなみに私自身は、九分九厘星にしか打たないので、この布石はとても嬉しく興味深いです。

(11/09 10:30)

*   *   *

握って小林九段の先番

 注目の握りは、小林九段の先番となりました。張名人といえば黒番を得意としているイメージがありますが、最近のデータを見ると、むしろ白番の勝率が高いのです。 黒番を取られたことによる精神的な影響はあまりないと思います。

(11/09 09:55)

*   *   *

現地より

 こんにちは、武宮陽光です。第6局に引き続き、ネット中継を担当させていただきます。よろしくお願いします。

 一時は早期の決着になるかと思われましたが、小林九段の巻き返しでついに最終局を迎えることになりました。この一局で名人が決まる大一番、どうぞ存分にお楽しみください。

(11/09 09:35)

*   *   *

名人の初防衛か、挑戦者の大逆転か 第7局始まる

 張栩(ちょう・う)名人(25)が3連勝した後、挑戦者の小林覚九段(46)が3連勝して追いついた第30期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)の第7局が9日午前9時、静岡県伊豆市の「鬼の栖(すみか)」で始まった。名人が踏ん張って初防衛を決めるか、挑戦者が大逆転で名人位を奪取するか。

 囲碁の七番勝負で、一方の3連勝後、もう一方が巻き返して最終局が打たれたのは過去6回。5回目まではすべて、追い上げる側がタイトルを手中にしていた。

 しかし昨年、棋聖戦で羽根直樹挑戦者が3連勝3連敗後に勝利。「3連勝後に3連敗したら勝てない」という囲碁界の定説を覆している。

 張名人は定刻の15分前に対局室に入った。緊張した面持ちでじっと碁盤を見つめていた。小林挑戦者は10分前に入室。両目を閉じ、集中して対局開始を待った。

 午前9時、立会人の淡路修三九段が「時間になりました、お願いします」と促し、囲碁名人戦七番勝負第7局が開幕した。「握り」で挑戦者の先番と決まり、小林九段は第一着を右上隅星に打ち下ろした。

 夕方に1日目を終えて10日に再開。同夜までに勝負がつく。

(11/09 09:10)

*   *   *

対局室検分は数分

 第30期囲碁名人戦第7局を翌日に控えた8日午後5時半、対局会場となる静岡県伊豆市の修善寺温泉にある「鬼の栖」で、張栩名人と挑戦者の小林覚九段による対局室検分が行われた。

 張名人と小林九段は、ほぼ同時に入室。両対局者は碁盤や座布団の座り心地、照明などを確かめた。検分は数分で終わった。

 対局室の床の間には、花弁が落ちたばかりの1本の百合が生けられていた。「次に実がなる」という意味だ。厳しい戦いを迎える両対局者への激励の意が込められている。

 その後、張名人は自室で夕食をとり、小林九段は関係者を交えての夕食会に出席した。

(11/08)

*   *   *

最終局にも登場

 張栩名人の3連勝に続き挑戦者・小林九段の3連勝と、劇的な展開で最終局へ。第6局でご好評いただいた「武宮陽光の目」が第7局(9、10日)の速報にも再び登場します。気鋭の若手棋士、武宮五段による現地からの生々しい戦況分析をお楽しみください。

プロフィール

武宮陽光(たけみや・ようこう)
昭和52年4月29日生。東京都出身。梶和為九段に師事。武宮正樹九段門下。平成10年入段、11年二段、12年三段、13年四段、17年五段。武宮正樹九段は実父。



  1日目 | 2日目

関連情報

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

囲碁ピックアップ

ねっとde碁

名人戦名局百選

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission