アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

< 第31期名人戦挑戦者決定リーグ第1局 >
  先手 ● 小林覚 九段   対   後手 ○ 潘善キ 七段

別ウインドウで開きます打ち手再現 | 使い方

棋譜
1〜17手

新春、新風

 プロの世界で最もいい正月を迎えたのは、本因坊を獲得し、名人戦リーグに初めて加わった高尾紳路だろう。本因坊こそ失ったものの、名人と王座を防衛し、国際棋戦に活躍した張栩も悪くはない。そのほかのいい正月組を列挙すると、名人戦リーグ入りの潘善キと黄翊祖、16歳で早碁に優勝した井山裕太、年末ぎりぎりに天元のタイトルを獲得した河野臨か。全員が20代と10代だ。これらの若い力は、ことしも猛威をふるうに違いない。

 下座についていた28歳の潘を、46歳の小林覚が決まりだからといって上座に移動させ、第31期リーグ第1局が始まった。

 白6の二間高バサミに黒7から9。どこかで見たことがあるぞと思われる読者が多いのではないか。昨秋の名人戦第6局で小林が披露して話題になった型だ。張栩名人とは違って、潘は白10とすぐ打ち込む。その第6局の立ち会いをつとめた王立誠九段が本局の技術顧問である。

 王「白14ではAにコスミツけ、黒Bとサガらせてからの白Cが常識的でしょう。白14はDからの出切りを強調したのですが、足の遅いのが気がかりです」

 一手違って、黒が15の好点に先着した。

 白16はDの一点狙いである。白Eの一間トビはすぐ黒Fのノゾキを決められ、白Dの狙いに迫力を欠く。

 しかし黒17が好感覚だった。 [次の譜へ]

(春秋子)

2006年01月17日


関連情報

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

囲碁ピックアップ

ねっとde碁

名人戦名局百選

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission