アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

< 第31期名人戦挑戦者決定リーグ第5局 >
  先手 ● 潘善キ 七段   対   後手 ○ 山下敬吾 九段

別ウインドウで開きます打ち手再現 | 使い方

棋譜
1〜15手

山下登場

 9人が参加する名人戦リーグ。12月に手空きだった山下が、いよいよ最後に登場した。

 対局は1月6日、東京・日本棋院。今年の日本碁界の初手合である。この日の対局はわずか2局。隣の部屋で、張栩名人と羽根直樹棋聖による本因坊戦リーグが打たれている。

 ご存じのように羽根と山下はベルリンで開幕する棋聖戦七番勝負を間近に控えていた。新年初対局は、多忙なトップ棋士の特権だ。

 その山下は昨年末、河野臨挑戦者に天元位を奪われて無冠となった。結果だけを見れば厳しい年だったのかもしれない。けれど、夏から前期名人戦リーグ同率決戦進出、王座戦挑戦、天元戦防衛戦、そして現在挑戦中の棋聖戦と、ずっと大舞台で活躍している。勢いは、さらに十段戦にも及んでいる。

 一方、名人戦リーグ初参加の潘は、12月の開幕戦で小林覚九段に敗れ、黒星スタート。といっても、名人戦リーグは日程的に恵まれている。初戦の負けは去年のことと忘れ、新たな気持ちで臨んだことだろう。

 「お願いします」と互いに一礼して対局開始。黒5、白6とカカり合ったところで、潘は穏やかに黒7、9と上辺に構える。「力の強い山下君が相手なので、ゆっくり打つ作戦でしょう」と解説の淡路修三九段。

 当然、山下に主導権はまわり、さっそく白14と仕掛ける。黒が15にツケて早くも力のこもった展開になってきた。 [次の譜へ]

(伊藤衆生)

2006年02月14日


関連情報

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

囲碁ピックアップ

ねっとde碁

名人戦名局百選

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission