アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

< 第31期名人戦挑戦者決定リーグ第5局 >
  先手 ● 潘善キ 七段   対   後手 ○ 山下敬吾 九段

別ウインドウで開きます打ち手再現 | 使い方

棋譜
130〜162手

山下にチャンス

 白30からは、上座の山下から一番遠い場所での攻防。深紅のネクタイはぴたりと碁盤の側面に張り付き、思いっきりの前傾姿勢で考え込む。

 白の劣勢は明らか。黒37、39と急所に迫られ、黒41の痛打を食らったのが午後5時半寸前。終局はそう遅くなさそうだ。夕食休憩をとらずに対局を続行したのは、当然の成り行きに思えた。

 白は42、44で、泣く泣く右側を処分する方針に出た。潘は無理をしなくてもいい形勢。ところが黒51と目いっぱい頑張ったことから山下の闘志に火をつけてしまう。黒51はAと禍根を断つべきだった。

 好機到来とばかりに山下は白52、54と出切る。

 注意したいのが上辺から伸びる黒石の死活だ。△を取り込んだ一眼はあるが、黒Bと抜いてもコウにされる手が残り、二眼は約束されていない。

 黒55で参考図の1は何が飛んでくるか分からない。白4以下10が利き、白aに黒bと逃げると左辺がもたない。

 黒55の下アテでも危険を回避していなかった。白60、黒61の後、すごい一手が飛び出した。

 白62だ。黒C取りには白Dからのユルミシチョウで黒3子が取られてしまう。潘は激しく動揺する。 [次の譜へ]

(伊藤衆生)

2006年02月14日


関連情報

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

囲碁ピックアップ

ねっとde碁

名人戦名局百選

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission