アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

< 第31期名人戦挑戦者決定リーグ第6局 >
  先手 ● 黄翊祖 七段   対   後手 ○ 今村俊也 九段

別ウインドウで開きます打ち手再現 | 使い方

棋譜
1〜40手

大胆構想

 魅力にひかれ、だれもが一度は試してみたくなる宇宙流。しかし専門家の武宮正樹九段が「なかなかうまくいかないんですよ」というほど、中央は難しい世界だ。

 18歳の黄翊祖は、あえて立ち向かう。黒7のトビから21とぐんぐん塗りつけ、あっという間に勢力を築いた。

 今村は30分ほどかけて慎重に白22と割る。黄はたった1分の考慮で黒29へツメた。「厚みを地にするべからず」の格言に従えば、反対の31からではないのか。「黒31とツメても白Aでなかなか攻めがききません。黒Bにツメるのは、ばからしいし、黒Cまでいっても白D、黒Eでハザマが残っています」と解説役の本田邦久九段。

 白30も悩ましい。35と二間ビラキすると上から利かされる。結局、大々ゲイマを選んだが、「33の大ゲイマとどちらか迷いました。黒Fのツメには白Gにツケて」と今村。これは少々きゅうくつで、白が満足できる姿ではなさそう。

 黄はすぐ三間の欠点をつき、黒31に打ち込んだ。白40まで、白は右辺でかせいでいるのでバランスのとれた分かれと、現地・関西棋院の検討室ではみていた。

 けれども東京・日本棋院の依田紀基碁聖を中心とする記者室では白がつらいと判定していたそうだ。「白34では35に切って、黒34、白Hとカカえたかった」とメールで東京情報を提供してくれたのは結城聡九段。

 さてこの局面、どこが大きいのか。左辺か下辺か。それとも? [次の譜へ]

(内藤由起子)

2006年02月21日


関連情報

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

囲碁ピックアップ

ねっとde碁

名人戦名局百選

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission