アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

< 第31期名人戦挑戦者決定リーグ第17局 >
  先手 ● 黄翊祖 七段   対   後手 ○ 坂井秀至 七段

別ウインドウで開きます打ち手再現 | 使い方

棋譜
1〜25手

並べたくない

 負けた翌日は敗因を探す。徹底的に分析し気持ちを落ちつかせる。こんな習性が棋士にはある。

 本局を坂井は半目差で落とす。同じ関西棋院の結城聡九段は解説の参考のため、対局後に連絡をとった。返ってきた答えは意外なものだった。

 結城「まだ一度も並べていないというんです。もちろん、サボっていたわけではない。悔しさ、ショックの表れです」

 立ちあがりは黒の黄が積極的に動いた。黒番で7、9の展開は珍しい。白に10と隅を与え、コミの負担がきつくなる。白12とカカられたときも少々中途半端。黒13では隅のガードが甘い。

 もっとも、黄は百も承知。上辺から右辺に力をためて、きついパンチを狙っている。コミが6目半になり、黒番ではゆっくりしていられないとの考え方が広まっている。

 したがって、白14に黒15は絶対。これで黒22、白A、黒Bは上辺に黒石が偏りつまらない。しかも白が望む、ゆったりした流れになる。

 当然の白16、18に黒19もこの一手。黒Cも形に見えるが白Dがピッタリになる。白20でDを急ぐのは黒Eで困る。そのための黒19だ。

 結城「このあと形勢が動きます。黒21から25の構想がどうだったでしょう。黒21ではDがまさったと思います」

 この形なら黒21からの出切りが成立する。白が21と備えれば黒Fからハネツげばいい。

 優勢確立のチャンスと坂井は感じ取った。しかし、思えばここから白の悪い流れは始まっていた。 [次の譜へ]

(松浦孝仁)

2006年05月10日


関連情報

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

囲碁ピックアップ

ねっとde碁

名人戦名局百選

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission