アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

< 第31期名人戦挑戦者決定リーグ第27局 >
  先手 ● 坂井秀至 七段   対   後手 ○ 今村俊也 九段

別ウインドウで開きます打ち手再現 | 使い方

棋譜
1〜29手

元気ですよ

 名人戦リーグの観戦記ではあたり前になった大阪出張。便利になったもので、新幹線のぞみ号を利用すれば東京から2時間半だ。当日の朝に出掛けても対局開始の午前10時には十分間に合う。

 ぐんと近くなった東京と大阪。最近の碁界勢力地図と密な関係にあると思う。

 かつてのタイトル戦は日本棋院東京本院の所属棋士同士の顔合わせがほとんどだった。それが最近では一変。昨年の棋聖戦挑戦手合には東京本院棋士は参加できず、名古屋の中部総本部の羽根直樹と関西棋院の結城聡で争われた。今年の本因坊戦の挑戦者も関西総本部の山田規三生。今日から紹介する今村、坂井戦は関西棋院勢同士だ。

 こうした棋士のがんばりは名古屋、大阪での重要対局を増やし、それに他の棋士も触発されるという好循環を作り出す。タクシーの運転手さんもいっていた。最近の大阪は元気ですよと。

 今村の碁はとてもおもしろい。失礼ないい方だがアマチュア受けする。黒5から9に白10なんて、自由奔放でうらやましくなる。黒11には元気はつらつ、白12の大斜ガケだ。

 「白は左下で先に損をしている。ですから、右下を常識的な分かれで満足してはいけません。白の注文は黒25でA。白Bから符号順に白Fの大技があります」と解説の石田章九段。

 坂井は黒25と白26を交換。黒2子を捨てる態勢に入ったのかと思っていたら、黒27から29とすぐに動き出した。今村も坂井も元気だなあ。 [次の譜へ]

(松浦孝仁)

2006年07月25日


関連情報

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

囲碁ピックアップ

ねっとde碁

名人戦名局百選

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission