アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

< 第31期名人戦挑戦者決定リーグ第28局 >
  先手 ● 高尾紳路 本因坊   対   後手 ○ 小林覚 九段

別ウインドウで開きます打ち手再現 | 使い方

棋譜
1〜22手

トップに並ぶのは

 リーグをあとから振り返って、あれが挑戦者争いを左右したのだなと分かる大一番がある。前々局の依田―潘戦がそうだった。勝ってトップに立つはずだった依田だが、3敗目を喫して大きく後退し、かわって伏兵ともいうべき潘が躍り出た。

 この状況に勇気百倍なのが小林覚と高尾紳路である。本局に勝てばトップに並び、挑戦への道が開ける。もっとも負けた方はリーグ落ちの心配もしなくてはいけない深刻な一番だ。

 本因坊戦七番勝負の第4局と5局の間の6月22日。いつもは対局前に気さくに話しかける小林も、この日ばかりは無言だった。本因坊戦の微妙な時期に差しかかった相手への心づかいか、大一番ゆえの緊張か。たぶん、両方だろう。

 黒番高尾の現代秀策流で、黒7までは本因坊戦第4局と同じ。山田の白8はAのコスミだったが、小林は12分を使って右下のツケ。この方が実戦例は圧倒的に多い。

 黒9から大場を占め合い、左下の定石が完成しかかったところで再度小林の手が止まり、白18に10分をかけた。きょうの小林は慎重だ。解説は棋聖戦リーグで活躍中の加藤充志八段。

 「白18はやや違和感をおぼえます。単に20とブツカれば普通でしょう。このとき黒19なら、白22とカカえ、黒21に白Bとトブことができます」

 実戦は白22とカカえて確かに好形だ。しかし白18に一手の価値があるかどうかというのが解説者の違和感である。早い話が18よりもBにあった方がいい。 [次の譜へ]

(春秋子)

2006年08月04日


関連情報

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

囲碁ピックアップ

ねっとde碁

名人戦名局百選

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission