アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

< 第31期名人戦挑戦者決定リーグ第30局 >
  先手 ● 潘善キ 七段   対   後手 ○ 山田規三生 九段

別ウインドウで開きます打ち手再現 | 使い方

棋譜
1〜35手

久しぶりの大阪

 山田が挑戦した本因坊戦第6局の前に、本局は打たれた。山田にとって、本拠地・関西総本部での手合は、なんと2カ月ぶり。

 ほっとひと息、というわけにはいかないだろう。山田は名人挑戦の可能性もあるが、リーグ残留も確定していない。

 対する潘は、2敗をキープすれば自力優勝が狙える。両者ともまさに負けられない戦いだ。

 黒5のカカリに白6とハサんでから、黒15の力強いマガリまで、白番の山田はすべてノータイムで応じた。できあがったのは、流行の姿だ。

 黒17の打ち込みから小競り合いが始まる。山田は白20の引きに30分を投じた。白Aと押して連絡するのは、黒Bにワタられ、白C、黒D。黒は治まっているのに白ははっきり根拠もなく、さっぱりだ。20はEの分断とFの両ガカリを見合いにしている。

 「黒21はうまいと思ったよ」と山田。26にコスミツけるのでは、白22、黒23のあと「白Fにカカられて、打つ手がないでしょ」と潘。21のスソだと白24とツケコシになり、黒25のオサエから33にヒラくことができた。

 解説役の石井邦生九段は、「黒Gにカケツいで、黒Hに放り込むコウのプレッシャーが残っていて、黒まずまずの立ち上がりでしょう」。

 白34ではIのケイマで黒の動きを封じるのが本手だが、「甘いよな。打つ気せえへん」と山田。いすの上にあぐらで座り直した潘は、堂々と黒35から動き出した。 [次の譜へ]

(内藤由起子)

2006年08月18日


関連情報

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

囲碁ピックアップ

ねっとde碁

名人戦名局百選

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission