ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ > 囲碁 > 名人戦観戦記 > 記事記事

< 第31期名人戦挑戦者決定リーグ第33局 >
  先手 ● 山田規三生 九段     対   後手 ○ 坂井秀至 七段

別ウインドウで開きます打ち手再現 | 使い方

棋譜
現在は 第1譜 | 第2譜 | 第3譜 | 第4譜 | 第5譜 | 第6譜
1〜18手

地味から一転!

 8月3日、今年も熱い一日をむかえた。恒例の最終一斉対局は東京の日本棋院本院で3局、大阪の日本棋院関西総本部で1局。どれも挑戦権、残留争いに関係があり、消化試合はない。実はこんなうれしい状況が悲劇に変わる可能性もあった。

 七番勝負第1局は9月8日に開幕する。したがって、リーグ戦の模様を当欄で伝えられるのはその8日朝刊まで。もしトップの高尾紳路が敗れてプレーオフになると、観戦記がぎゅうぎゅう詰めになる。いちばん盛り上がる最終戦を駆け足で通り過ぎるなんて、もったいなくて涙が出る。

 まあ、こんなぜいたくな悩みが出てくるのも、第31期リーグ戦が歴史的混戦だったからこそだ。

 まず紹介するのは大阪での一戦。山田も坂井も4勝3敗で挑戦の望みもあった。5勝2敗で単独トップの高尾紳路に黒星がつけばプレーオフに進出できる。ただし、負ければリーグ落ちの可能性もある。

 「厳しい状況下では地味な碁になるもの。黒17まで、四線にある石は三つだけです」と解説の石田章九段。手堅いとされるケイマや二間ビラキのオンパレードだ。

 しかし、静かだったのはここまで。坂井はいきなり白18と二線のオキを決行する。対して黒Aは符号順に白Dまで。地を稼いだうえに黒の眼形を奪い、大げさではなく、もう負けようのない形勢だ。

 石田「白18の考慮時間は6分ですか。よくある筋とはいえ、こんなに早い段階では珍しい。研究済みなのでしょうね」   [次の譜へ]

(松浦孝仁)

2006年09月15日


この記事の関連情報

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

囲碁ピックアップ

ねっとde碁

名人戦名局百選

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.