ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ > 囲碁 > 名人戦七番勝負 > 記事記事

第31期名人戦七番勝負 第5局

 【10月18、19日 わかつき別邸(静岡県伊東市)】  
●高尾紳路 本因坊   対   ○張栩 名人

別ウインドウで開きます打ち手再生 | 使い方

日程七番勝負第5局フォトギャラリー

写真

対局終了後、張名人(右)と高尾本因坊の両対局者は碁盤を前に感想戦を行った

写真

中押し勝ちし、2勝3敗とした張名人

写真

敗れた高尾本因坊

写真

葛見(くずみ)神社のクスノキの巨樹。樹齢千数百年という

写真

約2000坪の敷地に日本庭園が広がる

写真

緑豊かな対局会場のわかつき別邸

写真

両対局者の昼食メニュー。わかつきご祝儀ごはん(鯛の炊き込みごはん、実山椒風味)、牛肉・馬鈴薯・人参・玉葱の相性煮、小松菜のオイスター炒め、伊東もてなしうどん、香の物。デザートはヨーグルトムース

写真

検討室で熱心に戦況を検討するNHK衛星放送解説の淡路修三九段

写真

検討室の小林覚九段(右)と趙善津九段。展開が早いため、午前中から検討陣は大忙しだ

写真

張名人が封じ手の100手目を記した棋譜と封じ手を収めた封筒

写真

封じ手の100手目を打った後、厳しい表情を見せる張名人

写真

封じ手を読み上げる立会人の小林覚九段(中央)

写真

1日目の手順を並べ直す高尾本因坊

写真

1日目の手順を並べ直す張名人

写真

続けて高尾本因坊も入室。正座して対局再開を待つ

写真

先に対局室入りした張名人

  1日目 | 2日目

初めての七番勝負立会人

 小林覚九段が2日制の挑戦手合の立会人をつとめたのは、今回が初めて。感想を聞いた。

 「立会人は以前、天元戦で1回務めたほか女流棋戦でもありますが、七番勝負では初めてです。自分はまだ若いという意識があって、解説は喜んで受けてきました。今回ですか? ウーン、2人から発する緊迫感あふれた空気と気合をすごく感じました。その気合は1日で生まれたものではなく、挑戦者は半年間のリーグ戦を通じて培ってきたものだし、名人の方もタイトル防衛に向けてそれこそ何カ月も意識してきた末に醸し出されているものだから、言うに言われぬ重みがあるわけです。そうした緊迫感のなかで、何か一つでも得るものがあれば、と思って立ち会っていました」

 小林九段は棋聖戦リーグのBリーグで優勝し、Aリーグ優勝の羽根直樹九段と11月2日、名古屋の日本棋院中部総本部での挑戦者決定戦に臨む。

 奇しくも同じ日が、名古屋での名人戦第6局の1日目である。

 「今回、立ち会いの2日間でもらった気合の少しでも、挑戦者決定戦まで残 しておきたいですね」

(10/19 17:45)

*   *   *

勝利を呼び込んだ構想力

 序盤から本因坊が手厚く打ち進め、名人が実利で先行する両者の持ち味がよく出た一局となりました。1日目に100手進む大変早い進行で、2日目が始まった時点では、両者がっぷり四つの細かい形勢だったと思います。

 その後、名人の放った白104の鋭い踏み込み、そして白112の押さえ込みから、上辺の黒石に寄り付いた構想が大変素晴らしく、この2手が勝利をつかみとった決め手となったような気がします。

 局後の検討を拝見していましたが、両先生の読みが大変深く、厳しいことに改めて驚かされ、語弊があるかもしれませんが、本当に感心しました。

 ついにシリーズも終盤戦、名人が巻き返して最終局に持ち込むのか、本因坊が踏ん張ってタイトルを奪取するのか、いよいよ目が離せなくなってきました。第6局もお楽しみに。

(10/19 17:40)

*   *   *

張名人が2勝目 高尾本因坊に中押し勝ち

 朝日新聞社主催の第31期囲碁名人戦七番勝負は19日、静岡県伊東市の「わかつき別邸」で2日目が打ち継がれ、午後4時、白番の張栩(ちょうう)名人(26)が挑戦者の高尾紳路本因坊(29)に216手までで中押し勝ちし、通算2勝3敗とした。持ち時間各8時間のうち、残り時間は名人2時間5分、挑戦者32分。第6局は11月2、3の両日、名古屋市で。

 防衛には一局も負けられない重圧の中、名人が鋭い踏み込みと巧手で勝利をつかんだ。

 中央の黒模様に出て行く白100(封じ手)から始まった2日目。名人は白104の踏み込みから黒模様を制限し、続いて左上に白112を放った。検討陣の予想になかった巧みな一手で、このあたりから形勢が傾き始めた。

 白112に対する黒113からが難所。白122までとなった実戦は上辺の白が厚くなり、攻勢だった黒番の挑戦者が守勢にまわった。名人が白148と左下に先着して優勢に立った。

 解説の趙善津九段は「非常に難解な戦い。2日目、白112からの名人の打ち回しが見事でした」と話した。

 〈張名人の話〉 2日目、上辺で逆に黒を攻めるような展開になって、少し得をしたと思います。

 〈高尾挑戦者の話〉 上辺の攻め方が問題だったかもしれない。途中から薄くなってしまった。

(10/19 17:35)

*   *   *

白、勝勢に

 白170から174と、一手かけて左下の地をアジよく確定させ、白178と盤面最大の切り取りに回り、いよいよ局面がはっきりしてきました。検討室でこの先の図を予想したところ、だいたい盤面勝負の形勢で、白の勝勢といってよいかもしれません。

(10/19 15:53)

*   *   *

クスノキの巨樹

 対局会場のわかつき別邸から歩いて5分の葛見(くずみ)神社の境内に、樹齢千数百年という、まことにデカいクスノキの巨樹がある。まったく「岩」にしか見えない感じである。「これが木か」と度肝を抜かれる。

 東京・日比谷の日本で最初の都市公園「日比谷公園」を設計し、全国の国立公園の選定と整備を主導した日本の公園の父、林学の祖として知られる本多静六博士は、その著書で、クスノキとしては日本で第2番目の巨樹とお墨付きを与えた。

 わかつき別邸のかつての主、元首相の若槻礼次郎は散歩コースのこの巨樹を好み、その大きさと偉容を称える碑を寄贈し、現在も巨大クスノキの前にある。全国の囲碁愛好の士よ、伊東を訪れる機会あらば、ぜひとも葛見神社のクスノキを仰ぎ見られよ。

(10/19 14:50)

*   *   *

伊東での名人戦は3年連続

 対局会場のわかつき別邸は、静岡県伊東市の閑静な住宅街にある温泉旅館。元は大正・昭和初期に2度首相をつとめた若槻礼次郎(1866〜1949)の別邸で、今も離れとして残る「若槻の間」では、晩年の若槻が太平洋戦争の終戦工作の想を練ったと伝えられている。二つの源泉と緑豊かな日本庭園のある、落ち着いた空間だ。

 ここでは3年連続で囲碁名人戦の七番勝負が打たれており、2年前の第29期第6局では、当時挑戦者だった張本因坊が依田紀基名人を破って名人位を獲得。

 昨年の第30期第6局は、挑戦者の小林覚九段が張名人に黒番半目勝ちし、3勝3敗のタイに持ち込んだ。今年は立会人をつとめている小林九段は「静かで、対局室の広さもちょうどよい具合で打ちやすかった」と1年前を振り返り、「宿の方々にもとてもよくしていただいているので、両対局者には、全力でよい碁を打ってほしいですね」と話していた。

(10/19 14:40)

*   *   *

名人、揺るぎない自信

 黒の勝負手に対して、白はコスミツケを打って先手で出切りを防ぎ、白148と隅をアジ良く守りました。検討室では、9の十三と黒を切断して、黒がつぶれるのではと検討していましたが、白は黒の挑発に乗らず、一番安全に応じました。これで十分という、名人勝利宣言の一着でしょう。

(10/19 14:25)

*   *   *

本因坊の勝負手

 白144のハネに対し、黒は145のケイマで応じました。普通は、中央の黒とつながるように8の十二にブツカるぐらいなのですが、それだと白に9の十一にノビられ、つながり方がつらく、足りないと見たのでしょう。黒145は、8の十六から白を切断する手を狙い、左下の白の地を少しでも荒らそうという頑張った手ですが、白9の十三と切断される手があるので、本因坊の勝負手といえる一着だと思います。

(10/19 14:10)

*   *   *

小林覚九段「『名人の踏み込み』に感動」

 2日目再開後の一連の展開について、昨年挑戦者として張名人と七番勝負を戦った立会人の小林覚九段は、「上方からの消し、白104に一番感動した」という。

 ちょっと気がつかない深い踏み込みで、見ている側には一瞬危険に思えるが、名人には読みを尽くした裏付けがある着手と見られる。「この白104が、その後の碁を動かしてきている。さすが『名人の踏み込み』です」

 1日目はやや黒ペースと見られていたが、白104以降は白がペースをつかんだようだ、とも語った。

 さかのぼって、封じ手の白100はもちろん、後の白104とも連動している。小林九段は「白100は空き三角なのでやや打ちにくい手だが、名人は『これよりない最善手』という強い確信を込めて打っている」と断じた。

(10/19 14:02)

*   *   *

白、良い流れに

 左上の白一団と上辺の黒一団の力関係がどうなるかがポイントでしたが、午後に入っての戦いで、どうやら白の力の方が上回ったようです。

 黒143までとなって、黒が上辺で活かされ、左上の白一団が右上の白と連絡加減となり、強くなりました。これで、左下にも白が先着できそうです。また、左上の白の一団が強くなったことにより、相対的に左下の白の地がより多く見込めるようになったので、形勢も白に傾き始めたように思います。

(10/19 13:46)

*   *   *

白、厚くなったか?

 午後の再開後、白140までの形勢について解説者の趙善津九段は「上辺の黒が割かれて、白が少し厚くなったのではないか」と語った。

 左上の黒117では118にアテる手があったらしい。上辺の黒が割かれては上辺の黒に、いやみが出てきたという。

(10/19 13:31)

*   *   *

対局再開

 午後1時に昼食休憩を終え、対局が再開された。張名人の128手目は「10の四」の出。

(10/19 13:05)

*   *   *

午後のポイントは?

 黒127と打ったところで昼食休憩に入りました。左上の白の一団と、上辺の黒の一団ともに、まだ眼形がはっきりしていないので、その具合がどうなるか、また、左下の大所にどちらが先に回れるか、対局再開後はこの二つの点が大きなポイントになると思います。

(10/19 12:11)

*   *   *

127手までで昼食休憩に

 第31期囲碁名人戦七番勝負第5局の2日目は、張名人が128手目を考慮中に昼食休憩に入った。対局は午後1時に再開される。

 ここまでの消費時間は、黒番の高尾本因坊が5時間44分。白番の張名人が4時間39分。

(10/19 12:02)

*   *   *

厳しい様子見

 白112とオサエこんだのは、厳しい様子見です。黒は、2の二にツケれば、白2目を取れますが、6の二にオサエられて、単に白114、黒112となる図よりも、左上隅の黒地が2目減ります。それはつらいので、黒は121まで外側を打つことで反発しましたが、そうすると自然に120、122に石が来て、いい形で黒を分断することができ、上辺から中央への黒石に対するヨリツキを見ることができます。名人の狙いの一着です。

 途中、黒117とツイだ手は、118と一本出ることができれば、黒としてはより良かったのですが、左辺の黒石の駄目も詰まるので、自重したのかもしれません。ただ、出られるか出られないかの差は、大変大きいので、もしかしたらこの一本が勝負の分かれ目になる可能性もあるような気がします。

(10/19 11:40)

*   *   *

中央の攻防が焦点に

 挑戦者の高尾紳路本因坊(29)が張栩(ちょう・う)名人(26)に3勝1敗とリードして迎えた第31期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)の第5局は19日、静岡県伊東市の「わかつき別邸」で再開され、2日目に入った。

 定刻の午前9時、両対局者が前日の黒99までをゆっくりと並べ直し、立会人の小林覚九段が封じ手を開封した。

 名人の封じ手白100は中央の黒模様に下方から出て行くマガリ。検討陣が予想した通りの自然な手だった。2日目はまず、中央の攻防が焦点になった。

 名人は続いて白104と上方から鋭く踏み込み、110まで模様の制限に成功した。

 解説の趙善津九段は「今後、左下をめぐって起こるであろう攻防が、勝負を分けることになりそうです」と話した。

(10/19 11:25)

*   *   *

鋭い踏み込み

 中央の黒模様をどれだけ減らせるかが、ひとつのポイントでしたが、白は104まで踏み込みました。一見105にコスまれて、危なそうに見えますが、白106のナラビから108とトンだ手がうまい手で、黒は白を切ることができません。仮に切ろうとすると、参考図白2のコスミが好手で、Aと右辺につながる手と、Bと左上の白と連絡する手が見合いでうまくいきません。

 黒111まで白は先手で中央の黒地を値切って、白としては満足のいく結果だったと思います。

(10/19 10:56)

*   *   *

封じ手は「味わい深い一手」

 おはようございます。対局が再開され、注目の封じ手は9の十四のマガリでした。

 中央に進出するにあたって、おそらくこの一手の手だと思います。その一路上にトビツケられたらそう打ちたいのですが、それですと参考図黒1と出られて困ります。よって、形は悪いですが、白100はやむを得ないところです。

(10/19 10:00)

*   *   *

対局再開、2日目始まる

 張栩名人(26)に高尾紳路本因坊(29)が挑戦している第31期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)の第5局は、19日午前9時、静岡県伊東市のわかつき別邸で2日目が始まった。

 2日目も先に対局室入りしたのは張名人。午前8時55分に名人が入り、やや遅れて高尾本因坊も盤前に座った。午前9時、立会人の小林覚九段の合図で対局再開。両者とも比較的ゆっくりと1日目の手順を並べ直した後、張名人が封じ手の100手目を打った。

 張名人が封じた100手目は「9の十四」のマガリ。

(10/19 09:08)

*   *   *

  1日目 | 2日目


この記事の関連情報

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

囲碁ピックアップ

ねっとde碁

名人戦名局百選

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.