ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ > 囲碁 > 名人戦観戦記 > 記事記事

< 第32期名人戦挑戦者決定リーグ第11局 >
  先手 ● 三村智保 九段     対   後手 ○ 山田規三生 九段

別ウインドウで開きます打ち手再生 | 使い方

棋譜
1〜28手

序盤の品格

 「最近の碁はヨーイドンから険しく、落ちついて打てない」というベテラン棋士の嘆きをよく耳にする。中国や韓国の影響か、あるいはコミが6目半になったからか、確かに序盤から一直線の戦いに突入する例が多い。戦いになれば定石や布石の常識は通用せず、腕力がものをいう。それはそれでおもしろいのだが、高川格、坂田栄男、藤沢秀行らの碁に接してきた老記者には、ややさみしい。戦い一本やりではなく、いろいろな選択肢のある序盤をもっと見せてもらえたらと思う。

 その点、本局は序盤のおもしろさや難しさを十分に味わえるはずだ。何よりも選択肢が多様。たとえば黒9。左上と同じように高くカカればどうなるか。また黒11でAと二間にトブのはどうなるか。白の側からいえば、12で17に出て、黒B、白Cと切るのも有力と、考えることは山ほどあるのだ。

 2連勝と好スタートを切った山田規三生が、日本棋院関西総本部に三村智保を迎えた一番。石井邦生九段の解説でお届けしよう。

 石井「左下の定石は双方不満がないでしょう。黒23と三村さんは工夫しましたね。ただ、Dと固くツギ、白E、黒25とどちらがよかったか。実戦は白Fを狙われるのがいやみです」

 黒27はハサミと割り打ちを兼ねるゆっくりした手法。なかなか急戦にはなりそうもない。

 白28とカカられた場面で、黒は重大な岐路に立たされた。あくまでもゆっくりいくか、戦いをめざすかだ。 [次の譜へ]

(春秋子)

2007年03月23日


この記事の関連情報

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

囲碁ピックアップ

ねっとde碁

名人戦名局百選

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.