現在位置:asahi.com>囲碁>名人戦観戦記> 記事

< 第32期名人戦挑戦者決定リーグ第18局 観戦記 >
黒張栩  碁聖   対   白黄翊祖  七段

半目の悪夢

2007年05月18日

 3月8日の名人戦リーグ第4ラウンドでは半目届かず。2日後に早碁棋戦で優勝を果たしたものの、翌週は単独トップだった本因坊戦リーグで半目負け。4月上旬には半目差に泣いて本因坊戦の挑戦権を逃す――。

打ち手再生 別ウインドウで開きます | 使い方

棋譜

 まるで何かに取りつかれたよう。こんなに半目負けが続くのはめずらしい。実はこれ、死活や目算の正確さが持ち味の張の戦績。驚きも倍増する。張の今年の成績は22日現在10勝8敗。半目勝負は6回もあり2勝4敗。半目勝負の出現率も、なんと3局に1回だ。

 黄は7勝7敗で半目勝負は1度だけ。成績は物足りなく映るが、負けにはリーグでのものも含まれる。4月で20歳。こんなに厳しい勝負を経験できるのは大きな財産だ。

 盤面に誤りがあると指摘されそう。左下の有名定石、どういうわけか白Aがない。

 「マネする人がいるんだ。じゃあ、彼は白がいいと思っているのかな」と、記者室をのぞいた依田紀基九段。1月の本因坊戦リーグ、対羽根直樹戦で用い、白星をあげた。

 「後に黒Bへ押し上げられると白10の位置がおかしい。それを白16でカバーするつもりなのでしょう。まあ、初めに打った人は偉いということですね」と解説の石田章九段。

 この碁で最も注目されたのは左下ではない。立ち上がりの黒1、3、5の構えでもない。それはこれから始まる右上の競り合い。よく見る白22から26のさばきの常用手段に張が目いっぱい抵抗して、思わぬ分かれになる。

(松浦孝仁)

[次の譜へ]

このページのトップに戻る