ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ > 囲碁 > 名人戦観戦記 > 記事記事

< 第32期名人戦最終予選3組決勝 >
  先手 ● 黄翊祖 七段     対   後手 ○ 羽根直樹 九段

別ウインドウで開きます打ち手再生 | 使い方

棋譜
1〜20手

勝者は一人

 名人戦リーグには入るべき棋士と、入れたい棋士がいる。最終予選3組では前者の代表は羽根直樹だ。棋聖2期、天元3期の実績を持ち、四天王の一人。リーグに名を連ねれば即挑戦者候補だろう。

 後者は多い。大ベテランの林海峰を始めとして10代の黄翊祖や井山裕太だ。黄と井山が激突した1回戦は日本棋院のネットサイト「幽玄の間」で中継され、ヒット数が記録的だったという。

 しかし勝者は一人しかいない。その座を争うのは羽根と黄。ご存じの通り、黄は前期、18歳の最年少記録を塗り替えてリーグ入りを果たし、きびきびした戦いぶりで次代の覇者を予感させた。

 黄が日本棋院中部総本部に出張しての決勝戦も、いきなりの戦闘宣言で幕をあけた。羽根が白12とノゾキ気味に迫ったときの黒13、15だ。ひと足先にリーグ入りを決めた彦坂直人解説者はいう。

 「13の前に黒16と戻って白Aと交換すればおだやかです。それをしなかった黄くんに大変な気合を感じます」

 気合には気合だ。白16、18と険しい切断。20は1時間7分の大長考の産物だった。 [次の譜へ]

(春秋子)

2006年12月29日


この記事の関連情報

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

囲碁ピックアップ

ねっとde碁

名人戦名局百選

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.