現在位置:asahi.com>囲碁>名人戦観戦記> 記事

< 第33期名人戦挑戦者決定リーグ戦第1局 観戦記 >
黒陳嘉鋭  九段   対   白坂井秀至  七段

考えすぎ

2008年01月18日

 対局中も陳はじっとしていない。たびたび座り直し、お茶をすすり、鼻をすする。「うーん、どうしよう」と独り言ももれる。ほとんど動きのない坂井とは対照的だ。

打ち手再生 別ウインドウで開きます | 使い方

棋譜

 ふたりは、世界アマチュア選手権に優勝して棋士になるという経歴が同じ。坂井はプロになる直前、よく陳に打ってもらったという。陳も、受験を控えた娘さんの進路相談を坂井に持ちかけるなど、交流があるようだ。

 昼休憩があけると、坂井は気合よく白42にカケた。左下に巨大な壁が待っている黒は当然、黒43、45と出切り、戦いに持ち込もうとする。検討室では清成哲也九段が「僕なんか気が弱いから、42では56とヒラいてゆっくりいくかな」。その変化は、黒46、白48スベリのあと、「すぐ黒Aに詰め寄られるのが見え見えで、坂井さんはいやだったのでしょう」と解説の今村俊也九段。

 白46からはよくある進行だが、坂井が少しもたつく。白54は「参考図の1とトブほうがよかった。考えすぎました。白3まで実戦よりスムーズ」と坂井は反省した。

 続く白60のノゾキから62も「変調です。2手かけても効果がありません。60ではBにトンでいるくらいでした」と今村解説者。陳も「黒63とケイマしたときは、悪くないと思っていた」という。

(内藤由起子)

[次の譜へ]

このページのトップに戻る