現在位置:asahi.com>囲碁>名人戦観戦記> 記事

< 第33期名人戦挑戦者決定リーグ第1局 観戦記 >
黒陳嘉鋭  九段   対   白坂井秀至  七段

詰碁が肝心

2008年01月18日

 「白64は黒65と受けさせて安心させたかな。もう打ち込む可能性はないかと思って」と坂井。

打ち手再生 別ウインドウで開きます | 使い方

棋譜

 さて、白66と守ったあたりからが勝負の岐路。囲い合いではなかなか勝てない黒は、何かやっていかねばならない。

 「参考図の黒1にいくのがいいと思ったのです。黒3、5が利けば7とカドに迫って調子がいい。でもね、白6はなくても生きてることに気がついたんですよ」と今村解説者。黒3のツケが先手で利くかどうかは大変な問題だ。

 白6を手抜き、黒に6と急所に来られた形の詰碁。「白先生き」だ。後日、記者室で偶然この形を並べていた小林光一九段に「白6は手を抜いても生きてるそうですよ」というと、即座に「そんなバカな」。今村九段の読みを披露すると、詰碁で有名な石榑郁郎九段も「勉強になったなあ」と感心していた。一流プロもうっかりする詰碁の解答は、最終譜で。

 図の黒3はきついと見た坂井は、白68とコスんで地合いで負けない態勢を築く。中央の白はしのぎ勝負。弱い石はひとつだけなので何とかなりそうだ。次の黒の一手で、がたっと形勢が傾く。

(内藤由起子)

[次の譜へ]

このページのトップに戻る