現在位置:asahi.com>囲碁>名人戦観戦記> 記事

< 第33期名人戦挑戦者決定リーグ第1局 観戦記 >
黒陳嘉鋭  九段   対   白坂井秀至  七段

堅く、堅く

2008年01月18日

 坂井は陳に1勝2敗。坂井が負け越している数少ない棋士のひとりが、陳だ。現在、盤面でいい勝負。ここまで優勢を築いたら、もう落とせない。坂井の足取りは、あくまでも慎重だ。

打ち手再生 別ウインドウで開きます | 使い方

棋譜

 黒5のソイに白6と棒にツイだのには、検討室で「おー」と歓声があがった。「冷静ですねえ。Aにオサえるほうが5目くらい得ですが、中央の白が百%生きているわけではないのでまだ薄い。黒からBのノゾキが利くかどうかは大きな違いです」と今村解説者。

 白30、32の捨て石も部分的には損だが、42ではっきり生きて、怖いものがなくなった。

 黒61のスベリに手を抜き、白62と転じたのも正しい判断だ。参考図の1と受けて、黒6から左上をセキにされるのと比べ、実戦は1目以上白が得という。

 白66でもC、黒A、白Dと捨て石を使うのがふつうだが、黒Eとは取らずFと躍り出され、コウにされるのを心配している。「実際はコウも怖がることはないのですが、坂井さんはなにしろ手堅い」と今村解説者。

 一歩一歩、坂井はゴールに近づく。

(内藤由起子)

[次の譜へ]

このページのトップに戻る