現在位置:asahi.com>囲碁>名人戦観戦記> 記事

< 第33期名人戦挑戦者決定リーグ第11局 観戦記 >
黒趙治勲  十段   対   白黄翊祖  七段

白の言い分

2008年03月28日

 右辺を適当にいなされ、白の一団が左上の白模様に参加すること。黒が最も恐れているシナリオだ。

打ち手再生 別ウインドウで開きます | 使い方

棋譜

 「白50で54にノゾかれると思っていて。黒55にツグと白50がぴったりでしょ。実戦は単にブツカってくれたのでラッキーかなと、ぱっと黒51とノゾいたよ」と趙。

 白52で53にツグのは、黒Aに出られる。白Bにツグと黒C、白D、黒Eに切られ、右辺の白は死にまで心配しなければならない。

 白52のハネに、趙は迷った末、黒53と出て大きな現ナマを手にした。しかし白54とノビが利き、56とトンでは「白が中央に回り込み、言い分が通ってます。右辺、白4子の取られぶりもひどくないので、白がやれると思います。黒53では僕なら参考図の1とフクれます」と王銘エン解説者。

 △があるために、黒3から7の出切りは有効打にはならない。黒は3で12にアテることになるが、そこで白aに切られるのを、趙は嫌ったという。とはいえ黒bにアテ、白c、黒dで黒が悪いともいえない。

 さて焦点は左上の白模様に移った。趙が味をつけた黒57、59に、黄が惑う。

(内藤由起子)

[次の譜へ]

このページのトップに戻る