現在位置:asahi.com>囲碁>名人戦観戦記> 記事

< 第33期名人戦挑戦者決定リーグ第11局 観戦記 >
黒趙治勲  十段   対   白黄翊祖  七段

必殺の狙い

2008年03月28日

 趙がずっと狙っていた必殺の筋が発動された。黒61のソイだ。

打ち手再生 別ウインドウで開きます | 使い方

棋譜 82コウ取る(76)、83三子取る(50の右)、85コウ取る(79)

 「ひどいねえ」と黄はぼやき、手が止まった。黄には珍しく30分以上も投じた白62に、趙は間髪いれず、黒63に全身で打ちつける。

 白が66と動き出すと一本道。黒79でコウになると、趙がぼやく。「気がつかなかった。うまい手があったもんだ」

 白が80の1コウだけなら、黒に1コウあればいいと趙は見ていた。しかし黄は黒83のコウ材に、返し技をひねりだしていた。

 黄の読み筋は参考図。白84で△、▲、白1と切って左上の黒はいただき、黒2と抜かれても白は7と半分脱出できれば大逆転だ。黒aと切られても、符号順に白hまでで白勝ち。だが、正しくは譜の84で△と出た瞬間に黒2と抜かれ不発に終わる。白68の前に△、▲を交換しなければならなかった。

(内藤由起子)

[次の譜へ]

このページのトップに戻る