現在位置:asahi.com>囲碁>名人戦観戦記> 記事

< 第33期名人戦挑戦者決定リーグ戦第15局  観戦記 >
黒黄翊祖  七段   対   白陳嘉鋭  九段

押したら

2008年04月25日

 全勝者が消え、混戦ムードの今期リーグ。黄翊祖と陳嘉鋭のふたりは連敗スタートで、勝ち星に恵まれていない。しかしまだ2敗。これをキープすれば、まだ挑戦権は大いに期待できる。

打ち手再生 別ウインドウで開きます | 使い方

棋譜

 大事な一局に、黄は新しい手を試みる。

 白8の二間高バサミに、黒9と低くハサミ返したのが珍しい。「よくあるのはAの高いハサミです。白10コスミ、黒11のあと、白12にツケられるのがみえみえなので、かわったのでしょう。研究していないと打てませんね」と、解説役の蘇耀国八段。

 陳は22分を投じて、まず白12にケイマした。黒13のツケは、白23の出から黒21、白22と切られるのを防いだもの。白14のブツカリと換わってから黒は15にヒラいた。

 黒から16に押されるのはいやなので、白16、18と押し上げたくなるのは分かるが、そこで一転、白20に戻って22と一子抜いたのはどうだったか。「押したからには、20で29にケイマしないと感じが悪い」と蘇解説者。黒25まで整形を許し、27のマガリに先着され、29とかぶってこられるようでは、明らかに流れがおかしい。

 左下の白が心配なら、もともと白16では押さずにBとカカるなど、他の方策を考えたいという。

 白32までで、昼休憩となった。白の苦悩はすでに始まっている。

(内藤由起子)

[次の譜へ]

このページのトップに戻る