現在位置:asahi.com>囲碁>名人戦観戦記> 記事

< 第33期名人戦挑戦者決定リーグ第16局 観戦記 >
黒小林覚  九段   対   白坂井秀至  七段

半目の縁

2008年05月02日

 「ヨセの難しい碁でしたね。半目とは」

打ち手再生 別ウインドウで開きます | 使い方

棋譜

 大阪で打たれた本局は、東京の潘善キ七段に解説をお願いしてあった。取材日、解説者の第一声がこれだ。

 坂井秀至と小林覚。特に坂井は、半目勝負が8局もあった前期リーグで、一人でその半分にかかわった。最も「半目」に魅入られた棋士だろう。小林も前期は半目が2回。一つは張栩に挑戦権を獲得させた碁、もう一つは今回の相手坂井に勝った一戦だった。

 本局も吸いこまれるように半目勝負へと導かれていく。じっくりと行程を見ていこう。

 左上のツケ引き定石の途中で、小林が右下へ黒9とカカり、序盤は下辺が焦点になる。左下にも黒石があるため、黒11、13と戦う姿勢をみせるところだ。対する坂井の左上白14が落ち着いている。

 黒15のボウシを打たせても、白16と連打して周辺の憂いをなくせる。遠く下辺の戦いにおいても、それほど厳しい攻めはくわないと判断している。

 黒17では気合の上からも23と打ちたいが、小林は「白10の一子が取り切れているわけではない」と却下した。

 白は18の一手。続く20、22は好手という。

 潘「20で、白24、黒26、白25、黒29、白27は、黒Aと打たれ、下辺を稼がれながら攻められます」

 黒は突破を許さず、23、25の出切り。白32までは一本道だ。

(伊藤衆生)

[次の譜へ]

このページのトップに戻る