現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 囲碁
  4. 名人戦観戦記
  5. 記事

< 第33期名人戦挑戦者決定リーグ戦第25局  観戦記 >
黒 陳嘉鋭  九段   対   白 依田紀基  九段

解説者の思い出

2008年7月4日

打ち手再生 | 使い方

棋譜

 リーグ落ちがほぼ決まっている陳嘉鋭と、残留だけが目標の依田紀基。いま風のことばでいうとモチベーションが低そうだが、こんな碁に限って燃えるのが勝負師である。今期リーグ屈指の熱闘がくり広げられたと、最初に書いておこう。解説を担当する宮沢吾朗九段にはちょっとした思い出があった。

 27年前の81年、宮沢は日中囲碁交流団(団長は橋本昌二九段)の一員に選ばれ、中国各地を訪れた。そこで知り合ったのが中国選手の陳嘉鋭である。陳はその後、中国囲棋協会を離れ、返還前の香港に移って世界アマチュア選手権の代表となり、アマ世界一の座についた。そしていま、陳は関西棋院になくてはならぬ棋士だ。

 話は変わって、27年前の訪中団に通訳としてつきそい、親切に世話を焼いてくれる中国青年がいた。20年近くたって、宮沢はテレビを見て驚いた。日本、中国、韓国、ロシア、北朝鮮、米国による6者協議の中国代表が、かつての青年なのである。その名は王毅さん。王毅さんは駐日大使を経て、現在は閣僚級のポストに就いた。「世の中、狭いものですね」と宮沢はいう。

 さて盤上。黒5、7の独特の陣に注目していただこう。「初めて見ました。人まねでない陳さんの序盤はいつも面白い」と、解説者は大喜びである。初めてといえば黒23もそうだった。

(春秋子)

[次の譜へ]

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内