現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 囲碁
  4. 名人戦観戦記
  5. 記事

< 第33期名人戦挑戦者決定リーグ戦第26局  観戦記 >
黒 小林覚  九段   対   白 黄翊祖  七段

ハイペース

2008年7月11日

打ち手再生 | 使い方

棋譜

 開始を知らせるブザーが鳴ると、小林覚は目を閉じた。しばらく気息を整えてから、おもむろに黒1の小目に向かう。

 小林は、リーグトップの井山裕太七段との対局を残しているため、自力で優勝する可能性が残っている。大事な一局が始まった。

 黒13のカケツギに手を抜いて、白は14の二間ビラキに転じた。左下、小林がやわらかく黒15にカケたのには、解説の工藤紀夫九段が疑問をはさんだ。

 「なぜAとツケなかったのでしょう。避ける理由はありません」

 白B、黒C、白D切りに黒Eとツギ、白Fノビには黒29、白30を決めてGにヒラいておけば、周囲に白もおらず、黒がやれないわけがない。

 白は左下をさらに放って16とカカった。黒19の肩に、すぐ白28と受けるのは、黒Hのツメがない状況では利かされ。白20の反発は当然だ。

 きょうは小林も黄翊祖も黒のスーツに白いワイシャツ。ネクタイも青系で服装が似ている。波長が合ったのか、着手のテンポも同じようにいい。持ち時間5時間の碁とは思えぬほどのハイペースで、まだ始まって1時間もたっていないのに白28まで進んでいる。

 黒は29とスソを止めてから31にツメた。さて、下辺の白をどうさばいたらいいのか。黄の判断は、厳しい攻めを誘発する。

(内藤由起子)

[次の譜へ]

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内