現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 囲碁
  4. 名人戦観戦記
  5. 記事

< 第33期名人戦挑戦者決定リーグ戦第31局  観戦記 >
黒 井山裕太  七段   対   白 小林覚  九段

共有した夢

2008年8月15日

打ち手再生 | 使い方

棋譜

 昨年、井山が名人戦リーグ入りを決めたころ、「来年は10代の名人がうまれるかもね」などと冗談めかしていわれていたものだ。まだどこかに、平成生まれの10代棋士が七番勝負のひのき舞台に立てるわけがないという雰囲気が確かにあった。

 リーグ初戦の対山田規三生戦を落としたものの、そこから負けない。接戦を制し、苦しい碁もはね返し、周囲は夢が現実になりそうなことに気付く。10代の名人という夢に。いつしか、今期の挑戦者は井山との空気が流れ始めた。井山を追いかけていた山田は、その雰囲気を感じ取っていたという。時代が動くとは、こういうことなのかもしれない。

 本譜はすべて必然の進行といえる。黒19は白を右上の厚みに追いやる狙い。黒25の二段バネも逃せない急所といっていい。

 潘「参考図の黒1は白2から4と引かれて悔しい。黒5から追及しても白は10の好手があり完全なしのぎ形です。白4は実利の面でもベラボウで、黒は耐えられない図です」

 白26から30の整形は見習いたい。白28でAは黒Bの急所へ一撃されて眼形を失う。リーグ戦を戦う棋士はこんなところでは間違えない。

(松浦孝仁)

[次の譜へ]

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内