現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 囲碁
  4. 一般ニュース
  5. 記事

囲碁棋士日本代表、スポーツの大舞台へ アジア大会派遣

2010年2月17日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 このエントリをYahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 中国・広州で今年11月に開催されるスポーツの第16回アジア競技大会(アジア大会)に、囲碁のトップ棋士が日本代表として出場することになりそうだ。同大会で囲碁が正式種目になるのは初めて。日本では「文化」のイメージが強い囲碁だが、実現すれば、日本の棋士が初めて本格的なスポーツ大会に出場することになる。

 アジア大会は五輪と同様の総合的な競技大会。囲碁は今回、開催国・中国の意向で採用された。チェス競技枠の中に、囲碁、チェス、中国将棋(象棋〈シャンチー〉)の3ゲームが並ぶ。

 選手派遣には日本オリンピック委員会(JOC)への加盟が不可欠だ。現在、日本棋院と関西棋院、日本ペア碁協会の国内3団体が加盟へ向けた統一組織づくりの最中で、大竹英雄・日本棋院理事長は16日、「3団体は加盟に大筋合意した。詰めの作業を急ぎたい」と語った。

 11月下旬、団体戦の男子(5人制)と女子(3人制)、男女が交互に打つ混合ダブルス(ペア戦)の3種目が行われる。選手団は最大10人。プロの参加が認められ、日本国籍を持つ棋士の中から選抜される見込みだ。

 日本棋院は「最強メンバーを出す」としており、井山裕太名人、山下敬吾棋聖らが有力視される。台湾出身の張栩(ちょう・う)三冠や謝依旻(しぇい・いみん)女流三冠には、所属する日本棋院に、台湾代表としての出場要請が来ている。囲碁は世界的に親しまれ、特にアジア各国に愛好家が多い。韓国、中国もプロを派遣する模様だ。

 囲碁は日本では文化と位置づけられることが多いが、国際的には「頭脳スポーツ」という言葉も定着しつつある。

 今回出場する棋士は陸上選手などと同様、ドーピング検査を受けることになる。

 大竹理事長は「個人的には、囲碁になぜドーピングが必要なのかという思いはある」としつつも、「囲碁の国際大会では中国や韓国に押されているが、この機会に金メダルを取り、ファンにアピールしたい」と話している。(伊藤衆生)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内