現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. エンタメ
  3. 囲碁
  4. 一般ニュース
  5. 記事
2012年5月15日16時16分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

囲碁伝来の伝説描く 「吉備大臣入唐絵巻」公開中

写真:吉備真備と唐の名人の対局(「吉備大臣入唐絵巻」の部分)=平安時代(12世紀後半)、ボストン美術館蔵 Photograph(C)2012 Museum of Fine Arts, Boston.拡大吉備真備と唐の名人の対局(「吉備大臣入唐絵巻」の部分)=平安時代(12世紀後半)、ボストン美術館蔵 Photograph(C)2012 Museum of Fine Arts, Boston.

 遣唐使として海を渡った吉備真備(きびのまきび、695〜775年)はいかにして中国大陸から囲碁を持ち帰り、日本へ伝えたのか――。その伝説を描いた「吉備大臣入唐(にっとう)絵巻」が東京国立博物館平成館(東京都台東区)の「ボストン美術館 日本美術の至宝」展で公開中だ。6月10日まで。

 全4巻、計25メートル近くある絵巻の第4巻(約6メートル)は囲碁の話が中心だ。絵巻は12世紀後半の作で、後白河法皇が制作させたと考えられている。

 唐人が持ちかける難題に、真備が唐で客死した遣唐使・阿倍仲麻呂の霊(幽鬼)の協力を得ながら立ち向かう物語。囲碁初心者の真備は、碁石を一つのみ込んで隠すことで勝利を手にする。下剤を飲ませて碁石を排出させようとする唐人に対し、真備は超能力を使って碁石を体内にとどめ、難を逃れる……。そんなユーモラスな物語を絵と詞書(ことばがき)(説明文)で展開している。

 真備の帰国よりも前に日本で囲碁が打たれていたというのが定説だが、様々な文化を大陸から持ち帰ったとされる真備は、囲碁も日本に伝えたといわれている。鳥取市の神社で毎年、真備の名を冠した囲碁大会が開かれているほか、岡山県倉敷市でも昨年、小学生全国大会が初めて開かれた。

 問い合わせは03・5777・8600(ハローダイヤル)。来年夏までに名古屋ボストン美術館、九州国立博物館、大阪市立美術館に巡回予定という。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介
  • ねっとde碁
  • ねっとde碁
  • 名人戦名局百選

囲碁の本

第36期囲碁名人戦全記録

剛腕・山下敬吾本因坊が井山裕太名人を4勝2敗で破り、タイトルを奪取した七番勝負を観戦記で振り返る。ほか、挑戦者決定リーグ戦全37局(プレーオフを含む)の棋譜、朝日新聞紙上に載った記事や写真なども収録。

井山裕太20歳の自戦記

史上最年少で名人となった井山裕太名人の初の打碁集。名人奪取までに打った17局を自ら振り返る。坂田栄男、趙治勲、小林光一ら歴代名人7人が見た井山評も。

勝利は10%から積み上げる

囲碁界第一人者の張栩十段が、これまでの棋士人生で培われた、自らの勝負哲学を明かす。

powered by amazon

囲碁関連グッズ

第37期囲碁名人戦 記念扇子

初防衛を目指す山下敬吾名人と挑戦者・羽根直樹九段の揮毫入り。対局開催地と日本棋院だけで販売の限定品

囲碁って楽しい!

名人戦も囲碁ガールも!新しい囲碁の魅力に触れてみませんか?