現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 囲碁
  4. トピックス
  5. 記事

朝日アマ囲碁名人戦代表そろう 中学生4人、全国大会へ

2010年6月10日

 第5回朝日アマチュア囲碁名人戦(朝日新聞社、日本棋院主催)の地方大会が終了し、都道府県代表の49選手(北海道、東京は代表2人)が出そろった。年少者では中学生が4人代表入りした。

 2〜5月の地方大会は計3500人以上が参加した。中学生は、1年の広島・坂倉健太さん(13)と、2年の愛知・杉田俊太朗さん(13)、富山・大表拓都さん(14)、三重・北村蒼さん(14)の計4人が県大会で優勝して全国大会出場権を獲得した。地方大会選出の最高齢は鳥取・松本憲二郎さん(75)。

 全国大会は7月18、19の両日、東京で。前身の朝日アマ囲碁十傑戦(1961〜2005年、第45回で終了)から通算して半世紀となるため、「朝日アマ囲碁50年」を記念し、平田博則、菊池康郎、原田実、三浦浩の4氏ら十傑戦時代の優勝者らも招待。最大64人のトーナメントとなる。

関連トピックス

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介