現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 囲碁
  4. トピックス
  5. 記事

アマの金さん、名人に惜敗 ベスト8逃す 阿含・桐山杯

2011年6月7日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:井山裕太名人(右)に敗れた金成進さん=2日、大阪市北区拡大井山裕太名人(右)に敗れた金成進さん=2日、大阪市北区

 アマチュア2人が初めて本戦入りした阿含・桐山杯第18期全日本早碁オープン戦は2日、アマ1人目の金成進(キム・ソンジン)さん(21)が井山裕太名人(22)と対戦したが惜しくも敗れ、ベスト8進出を逃した。

 超一流に挑んだ一戦は、井山名人が「ずっと自信がなかった」と振り返るほどの好勝負。大善戦の金さんだったが、終盤へさしかかる直前、機敏に立ち回ろうとした手が裏目に出て、敗勢となった。

 趙治勲二十五世本因坊(54)らプロ7人を破った金さんの快進撃はストップ。金さんは「最後までうまく打てればチャンスがあったかもしれないけれど、実力がないから仕方がない。いい経験になった」と語った。局後の検討では、金さんの優勢な変化が多くつくられていた。

 「アマではなく一人の実力者という気持ちで対戦した。そして同時に、タイトル保持者としてアマに負けるわけにはいかないという思いもあった」と井山名人。まもなく故郷韓国でプロ試験を受けるという金さんに「頑張ってください」と声をかけた。

 もう1人の本戦進出者河成奉(ハ・ソンボン)さん(29)は1回戦で溝上知親八段(33)と対戦する。

関連トピックス

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介