現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 囲碁
  4. トピックス
  5. 記事

「蚊」退治は難問 張棋聖の詰碁、フマキラーHPに

2011年7月19日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

図:「蚊」の詰碁拡大「蚊」の詰碁

 しつこい蚊を退治できますか――。殺虫剤大手の「フマキラー」が、「蚊」の文字をあしらった詰碁を、暑中見舞いのデザインとして、同社のホームページ(http://www.fumakilla.co.jp/)に掲載した。

 張栩棋聖作、白先黒(蚊)死の問題。40手を超える大作で、最後に「蚊」をかたどっていた黒石はすべて盤上から取り去られ、抜け跡に「蚊」の文字が浮かび上がる。

 プロ棋士を対象に募集した作品の中から選ばれた。もともとは「黒(蚊)先白死」が応募規定だったが、張棋聖は「蚊は殺さなければだめでしょう」と規定外の詰碁をつくって投稿した。それを見た同社の担当者は「蚊が勝ってしまう問題を募集したなんて、誠にお恥ずかしい」と脱帽。特別に採用が決まった。

 解答は同社ホームページに掲載されている。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介