現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 囲碁
  4. トピックス
  5. 記事

村川七段が優勝 囲碁新人王戦

2011年10月4日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 囲碁の第36期新人王戦決勝三番勝負は9月26日に第2局が打たれ、村川大介七段が安斎伸彰六段に白番1目半勝ちし、2連勝で優勝を決めた。同月19日の第1局は村川の黒番6目半勝ちだった。

 村川は関西棋院所属の20歳。昨年、関西棋院第一位を獲得。今年9月に産経プロ・アマトーナメント戦で優勝した。同棋院棋士では18年ぶり3度目の新人王誕生となる。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介