現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 囲碁
  4. トピックス
  5. 記事

棋聖戦挑決は再び井山―高尾に

2011年10月4日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 第36期棋聖戦の挑戦者決定戦のカードが、昨年と同じ井山裕太名人―高尾紳路九段に決まった。9月29日にリーグ最終一斉対局があり、Aリーグは1敗の羽根直樹九段と河野臨九段が敗れ、2敗を守ったシード順1位の井山が規定により3勝2敗で優勝した。Bリーグは優勝を決めていた高尾が5戦全勝を飾った。リーグ落ちは小林光一九段、加藤充志九段、秋山次郎八段、瀬戸大樹七段。

関連トピックス

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介