現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 囲碁
  4. トピックス
  5. 記事
2011年10月18日15時33分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

高尾九段と坂井八段、敗退 農心辛ラーメン杯

 日中韓3カ国の各5人による勝ち抜き戦、第13回農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦が11日、北京で開幕した。日本は一番手の高尾紳路九段、二番手の坂井秀至八段が勝ち星を挙げることなく敗退。苦しいスタートとなった。

 日本チームは、高尾、坂井、山下敬吾本因坊、結城聡天元、羽根直樹碁聖という布陣。高尾は第1戦で中国の周睿羊五段に競り負け、坂井は第3戦で、周を破った韓国の安国鉉三段に敗れた。

 北京では第4戦まで打たれ、選手の残り人数は中国と韓国が各4、日本が3となった。今後、二つの国の選手がいなくなるまで戦う。日本は第8回大会から5連続で最下位に甘んじている。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介