現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. エンタメ
  3. 囲碁
  4. トピックス
  5. 記事
2012年12月18日16時30分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

韓国と中国、個人男女で金 囲碁SAWMG

 北京で開幕した第2回スポーツアコード・ワールド・マインド・ゲームズ(SAWMG)は12〜16日、囲碁の男女各個人戦があり、男子は韓国代表が金、銀メダルを獲得。一方女子は、中国代表が金、銀を占めた。日本はメダルには届かなかった。

 2敗者失格の変則トーナメントで、男子は9カ国・地域の16選手、女子は8カ国・地域の12選手が出場した。日本代表(男3、女2)の総成績は6勝10敗。富士田明彦三段が健闘し、銅メダルを獲得した台湾選手を初戦で破った。

 メダル獲得者は次の通り。

 ▽男子個人戦 〈1〉崔哲瀚九段(韓国)〈2〉姜東潤九段(韓国)〈3〉林至涵九段(台湾)

 ▽女子個人戦 〈1〉李赫三段(中国)〈2〉ゼイ廼偉九段(ゼイはくさかんむりに内=中国)〈3〉崔精二段(韓国)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介
  • ねっとde碁
  • ねっとde碁
  • 名人戦名局百選

囲碁の本

第36期囲碁名人戦全記録

剛腕・山下敬吾本因坊が井山裕太名人を4勝2敗で破り、タイトルを奪取した七番勝負を観戦記で振り返る。ほか、挑戦者決定リーグ戦全37局(プレーオフを含む)の棋譜、朝日新聞紙上に載った記事や写真なども収録。

井山裕太20歳の自戦記

史上最年少で名人となった井山裕太名人の初の打碁集。名人奪取までに打った17局を自ら振り返る。坂田栄男、趙治勲、小林光一ら歴代名人7人が見た井山評も。

勝利は10%から積み上げる

囲碁界第一人者の張栩十段が、これまでの棋士人生で培われた、自らの勝負哲学を明かす。

powered by amazon

囲碁関連グッズ

第37期囲碁名人戦 記念扇子

初防衛を目指す山下敬吾名人と挑戦者・羽根直樹九段の揮毫入り。対局開催地と日本棋院だけで販売の限定品

囲碁って楽しい!

名人戦も囲碁ガールも!新しい囲碁の魅力に触れてみませんか?