• TOP
  • 明治・大正データベース
130 朝日新聞
朝日新聞創刊130周年記念事業
- 朝日新聞 2009年04月03日掲載 -

明治・大正の記事・広告データベース~庶民の生活リアルに

 朝日新聞の明治・大正期紙面データベースづくりは、来年春の完成に向けて着々と進んでいます。新聞には時代の生の動きがぎっしり詰まっていて、過去に学ぶには格好の教材です。今回は面白記事の第2弾。明治・大正の庶民が暮らしたのはどんな世の中だったのでしょうか。歴史クイズもありますので、数世代前の日本人が生きた時代の雰囲気に触れてください。(福井仁)
 (引用文は、漢字の字体、変体仮名、表現などを現代表記に改めました。原文の味わいは添付の写真でお確かめください)

クイズに挑戦

 明治大正の世に思いをはせて、クイズに挑戦してみてください。答えは記事中にあります。

A. 1887(明治20)年当時、全国の大学生はおよそ何人
(1)90人  (2)900人  (3)9000人
B.1921(大正10)年9月、東京市の教員採用試験で、受験者のほとんどが知らなかったのは
(1)コペルニクス  (2)デモクラシー(3)  レーニン
C.大正時代、一家3人の家庭に1日分として推奨された米の量は
(1)1.6キロ(1升5勺)  (2)0.9キロ(6合)  (3)0.6キロ(4合)
D.マラソンブームだった大正末、朝日新聞紙面に出ているのは
(1)クロスカントリーレース  (2)ウルトラマラソン  (3)トレイルマラソン
E.1925(大正14)年に東京であった「ハエ捕りデー」で使われた「新兵器」は
(1)ハエ捕りリボン  (2)ハエたたき  (3)火炎噴霧器
F.未成年者飲酒禁止法ができたのは1922(大正11)年。では、未成年者喫煙禁止法制定はいつ
(1)未成年者飲酒禁止法と同時  (2)明治時代  (3)第2次世界大戦後
G.明治初期に処罰の対象になったことがあるのは
(1)海水浴をする  (2)無灯火自転車に乗る  (3)牛肉を食べる
H.日露戦争の最中の1904(明治37)年9月、朝日新聞の記事で使われた自転車がらみの言葉は
(1)サドル  (2)サスペンション  (3)サイクリスト
I.1915(大正4)年、千葉市の海水浴場で、「肉感的」として着用禁止になった女性水着の色は
(1)黒  (2)白  (3)赤
J.次の経済恐慌のうち、大正時代に起きたのではないものは
(1)金融恐慌  (2)関東大震災後の恐慌  (3)第1次世界大戦後の恐慌

 明治・大正期紙面データベースは、朝日新聞創刊130周年記念事業として、来年春の完成をめざしています。朝日新聞社が市販している既存のデータベースと一体化し、創刊から現代まで130年分の朝日新聞がパソコンでオンライン検索できる大型データベースとして発売します。

 クイズの答えは上から(2)(1)(1)(1)(3)(2)(2)(3)(2)(1)

有料記事データベースのお問い合わせ
朝日新聞社 法人営業部

電話でのお問い合わせ

03-5541-8689
(土日祝日・年末年始を除く月曜~金曜 10:00~18:00)

PAGE TOP