• TOP
  • 明治・大正データベース
130 朝日新聞
朝日新聞創刊130周年記念事業
- 朝日新聞 2009年09月30日掲載 -

スペイン風邪拡大 刻々と

 大正時代中期に全世界を襲ったスペイン風邪は、人類が初めて経験した新型インフルエンザの爆発的流行といわれます。これまでのところ、スペイン風邪を上回るインフルエンザの大流行は過去には知られていません。日本でも数十万人が命を落としました。史上最悪のインフルエンザに直面した大正の人々は、正体不明の相手とどう闘ったのでしょうか。2010年春に完成する朝日新聞の明治・大正期紙面データベースには、スペイン風邪の記事がたくさん載っています。(福井仁)
 (引用文は、漢字の字体、表現などを現代表記に改めました)

病名「後で気づいた」 小1の時かかった高野倉さん

写真

 水戸市の高野倉寛さん(96)は、1920(大正9)年冬、スペイン風邪にかかった思い出がある。19年末からの大流行の時だった。
 茨城県北部の農村の小学1年生だった。熱が出て、頭が痛くて学校を1週間ほど休んだ。同級生20人もほとんど感染したことが鮮烈な記憶だ。農村では新聞読者はまれで、ラジオ放送もない時代だった。後に、あの時の病気がと気づいた。
 外務省巡査として、敗戦までの7年半、中国で過ごした。戦後は茨城県警に勤めた。入居する老人ホームでは、40人の中でただ1人のスペイン風邪経験者だ。インフルエンザの予防注射は毎年受ける。手洗い、うがいも欠かさない。「新型インフルエンザは怖くはない。でも、国や報道機関はきちんと実態を知らせてほしい」

「死者45万人」、大被害から学べ 速水融・慶応大名誉教授に聞く

 「忘れられた史上最悪のインフルエンザ」と言われるスペイン風邪を研究し、「日本を襲ったスペイン・インフルエンザ」(06年)を出版した速水融・慶応大名誉教授(歴史人口学)に話を聞いた。
 ――研究はいろいろな統計や報告書などを踏まえていますが、新聞データの活用は
 1918(大正7)年3月から20年7月までの32紙に目を通し、関係する記事をすべてスクラップブックに張り付けた。丸2年かかった。テレビもラジオもない時代に、世の中の生の動きを知る手段としては新聞しかない。毎日の新聞に載るスペイン・インフルエンザの記事の本数が、流行の波と軌を一にしていた。
 ――死亡者数を45万人と書いていますが
 公式(内務省資料)の38万8千人という数字は、一部の府県データに欠落がある。超過死亡という今使われる方式で計算すると、45万人になる。現在の日本の人口だと120万人が死んだことになる。直後の関東大震災(死者・不明者10万5千人)に気をとられて忘れられたが、空前の人的損失だった。
 ――日本はスペイン風邪から何も学ばなかったと批判していますね
 当時は病気の正体が分からなかった。1930年代にインフルエンザウイルスが発見されたが、この過程に日本は関与していない。本格的な著書もなかった。
 ――日本でのスペイン風邪の始まりは
 1918年4月に台湾巡業中の力士3人が病死し、その後も休場者が続出したので「相撲風邪」と呼ばれた。これが先触れだったようだが、いったん収まった。その後、ヨーロッパの戦場などで猛威をふるったウイルスが強くなり、10月に日本に来て、軍隊や学校を基点に大暴れした。
 ――1年半にわたって大流行しましたね
 流行のピークは前流行(1918年秋~19年春)と、後流行(1919年暮れ~20年春)の二つある。前流行はたくさんの人が感染したが、死亡率はあまり高くはなかった。後流行では多くの人が免疫を持ったので、感染者数はそう多くはないが、ウイルスの毒性が強くなって死亡率は高かった。3年目の大流行はなく、ウイルスがどこへ行ったのかは謎だ。
 ――今新型インフルエンザがじわじわと広がっています
 スペイン・インフルエンザは蒸気船の時代だが、今はジェット機や新幹線であっという間にウイルスが広がる。人口ははるかに密集し、ビルの気密性は高い。現代はワクチンもタミフルもあるというプラスマイナス両面があるが、同じような経過をたどることも考えられる。今の日本は相撲風邪の段階かも知れない。

キーワード

<スペイン風邪>
1918(大正7)年から20年にかけて、全世界で猛威を振るった新型インフルエンザ(H1N1型)。アメリカに端を発して、第1次世界大戦中のヨーロッパなどに広がり、2千万~4千万人が死亡したといわれる。20世紀中に3回あった新型インフルエンザの大流行の中で最悪だった。日本では1918年秋から本格的に流行し始め、同年末と1920年初頭の2回のピークがあった。内務省衛生局の調べで、国民の4割の2300万人が感染し、39万人が死亡したとされる。最近の研究では、死者はもっと多く、45万~48万人といわれる。朝日新聞は当初は「西班牙(スペイン)感冒(かぜ)」などと書いたが、その後は「流行性感冒(流感)」「悪性感冒」などの呼称が一般的になった。

 

有料記事データベースのお問い合わせ
朝日新聞社 法人営業部

電話でのお問い合わせ

03-5541-8689
(土日祝日・年末年始を除く月曜~金曜 10:00~18:00)

PAGE TOP