• TOP
  • 明治・大正データベース
130 朝日新聞
朝日新聞創刊130周年記念事業
- 朝日新聞 2009年12月03日掲載 -

 朝日新聞の明治・大正期紙面データベースは来年3月の完成を目指して、点検などの最終段階に入りました。この機会に、明治・大正の新聞に改めて脚光を当てようという展覧会を、東京大学明治新聞雑誌文庫との共催で、11月9日から20日まで朝日新聞東京本社で開きました。期間中には、作家荒俣宏さん、東大教授苅部直さんの講演もありました。2人のお話の要旨を紹介します。(福井仁)
 (引用文は、漢字の字体、表現などを現代表記に改めました)

「正岡子規」「秋山真之」で検索…

当時の紙面閲覧 新聞展「『坂の上の雲』の時代」

写真
大勢の見学者でにぎわった会場

 朝日新聞創刊号の紙面などをそろえた明治の新聞展「『坂の上の雲』の時代――『帝国』の形成」が11月9日から20日まで、朝日新聞東京本社で開かれた。
 1879(明治12)年1月25日の創刊号や、89年の大日本帝国憲法発布の全文を報じた号外などが展示された。共催の東大明治新聞雑誌文庫からは日清、日露戦争の錦絵などが出品された。
 会場には、朝日新聞記事データベース「聞蔵Ⅱビジュアル」が検索できるパソコンが置かれた。明治・大正期紙面の一部が試験版として公開され、正岡子規、秋山真之ら司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」の登場人物たちを検索して、関係ある当時の紙面を閲覧するなど、来場者は一足早く明治・大正のデータベースを体験した。

有料記事データベースのお問い合わせ
朝日新聞社 法人営業部

電話でのお問い合わせ

03-5541-8689
(土日祝日・年末年始を除く月曜~金曜 10:00~18:00)

PAGE TOP