図書館総合展2020 ONLINE朝日新聞社特設ブース

オンラインフォーラム
「コロナ禍と就活とオンラインデータベース」

  • 聞蔵ビジュアル
  • 朝日けんさくくん
  • お問い合わせ
  • オンラインフォーラム
  • 個別商品説明の申し込み

オンラインフォーラム

コロナ禍と就活と
オンラインデータベース

11月4日(水) 14:00~15:30 LIVE配信

事前申し込み制

木之本敬介 氏(きのもと・けいすけ)

朝日新聞社 就活コーディネーター、「あさがくナビ」編集長
1986年入社、政治部記者、生活部デスク、採用担当部長などを歴任。
サイト「就活ニュースペーパー」で発信したニュース解説や就活アドバイスのコラムは計約1000本、インタビューした採用担当者は延べ約100社にのぼる。大学での講義・講演、テレビ出演多数。著書に「最強の業界・企業研究ナビ」。

篠原真喜子 氏(しのはら・まきこ)

朝日新聞社 マーケティング本部ディレクター
2003年入社。自身の就活経験を生かして、2004年に「朝日就職フェア」を立ち上げる。以降、同フェアの企画・MCとして活躍。
雑誌「CanCam」「エアステージ」の就活特集にも「就活のプロ」として登場。キャリア支援した学生はのべ5万人。国家資格キャリアコンサルタント。

<オンラインフォーラム内容(予定)> 
11月4日(水)14:00~15:30 LIVE配信

木之本 敬介 氏、篠原真喜子 氏に加えて、就活を終えた内定者の学生1名も出演!

◆コロナ禍の企業の採用活動

コロナをきっかけに起こった企業の採用活動の変化
企業が学生に求めているもの
世の中の動向、ニュースのキャッチアップが大事と言われるのはなぜか

◆就活における新聞記事データベース活用のコツ ~実際の就活体験から~

学生の経験したコロナ禍の就活
内定獲得に役立った新聞記事データベース「聞蔵Ⅱビジュアル」活用術
学生が図書館に求めるサポートとは

◆質疑応答

オンラインフォーラム申し込みはこちら

聞蔵ビジュアルとは

朝日新聞記事データベース
「聞蔵(きくぞう)シリーズ」は
国内外の大学・全国の公共図書館でご利用いただいております。
2020年には、朝日新聞縮刷版「全国の地域面」に47都道府県を収録、
また新たなオプションコンテンツとして朝日新聞縮刷版「戦前の外地版」を追加。
コンテンツの更なる充実と機能強化を図ります。

1879年の朝日新聞創刊号から今日までの記事・広告を検索できるデータベースです。
サービス開始から22年。インターネットにつながるパソコンがあればご利用いただけます。
使いやすいインターフェースで、印刷も簡単、安心してご利用いただける月額固定料金です。
1879年から今日まで141年分、約1,500万件の記事を収録しています。
朝6時には当日の朝刊の検索が可能。週刊朝日、AERA、現代用語事典「知恵蔵」も収録。
アサヒグラフや歴史写真、英文ニュースデータベースなど、オプションコンテンツも充実しています。
朝日新聞デジタルの独自記事も収録しています。

ポイント

朝日けんさくくん

小学校・中学校・高等学校向けの新聞記事データベースです。
1985年~今日までの朝日新聞の紙面のほか、
週刊朝日・AERA・朝日新聞デジタルの記事を検索・閲覧できます。
同時に50人がアクセスできます※1ので、授業でもご利用いただけます。
新聞記事検索だけでなく、小論文対策問題シートや天声人語書き写しシート、
漢字トレーニングなど学習教材も収録。印刷して家庭学習や生徒の自習に活用できます。
学校のネット環境によっては、学外利用※2にも対応。オンライン学習をサポートします。
※1 トライアル期間は同時10アクセスとなります
※2 VPN接続、リモートアクセス等、学外から学校の固定IP経由のアクセスで利用可能

  • 1985年~今日までの記事検索

    切り抜きイメージを印刷することもできます

  • ナビ検索でコラムをまとめ読み

    天声人語を始めコラムをジャンル別に収録。
    まとめ読みできます

  • 朝刊一面記事を切り抜きイメージで

    過去7日分の朝刊一面記事を
    電子新聞のように閲覧できます

  • 小論文対策ができる新コンテンツ

    小論文・時事問題等の受験対策の
    ワークシートを収録しています

利用校の活用事例

  • 小論文対策で積極的に活用
    小論文対策で積極的に活用(千葉県 公立高等学校 教員)
    「朝日けんさくくん」を導入する以前は、小論文のお題に関する記事や、意見の根拠となる記事を紙の新聞で探させていましたが、必要な情報が探し出せず不便でした。導入してからは、キーワード検索できるので、生徒も効率的に情報収集できるようになりました。また、生徒に読ませたい注目トピックの記事を印刷することができ、授業準備の時間が短縮しました。
  • 生徒の主体的な学びに貢献
    生徒の主体的な学びに貢献(東京都 私立中学校・高等学校 教員)
    アクティブラーニングのひとつに調べ学習と発表コンクールを取り入れています。生徒はテーマに沿った記事を探し、根拠となる情報をまとめるのに「朝日けんさくくん」を使っていますが、以前に比べ、生徒が主体的・積極的に行動するようになったと感じています。また、図書館の利用が増えたのも嬉しい効果です。
  • 基礎学力定着に向けて
    基礎学力定着に向けて(東京都 私立中学校・高等学校 教員)
    朝読書の時間に朝日新聞の『天声人語』を配り、読ませて意見を書かせるようにしています。文章を読み取る力と自分の考えを的確に表現する力を養い、基礎学力の定着につながると考えています。
  • 社会と結びついた学習を実現
    社会と結びついた学習を実現(島根県 公立中学校 教員)
    授業で学んだ事柄を「朝日けんさくくん」で検索し、関連した記事を読ませています。教科書では感じにくい、その地域独特の事象に目を向けさせることで、そこで暮らす人たちの生活や思いを知り、社会との関係性や理解が広がります。
有料記事データベースのお問い合わせ