• TOP
  • 朝日新聞歴史写真アーカイブ

朝日新聞歴史写真アーカイブ
朝日新聞創刊130周年記念事業

都市への爆撃 無差別破壊の連鎖 写真が語る戦争

朝日新聞歴史写真アーカイブとは?

 朝日新聞創刊130周年記念事業の一環として、満州事変前後から敗戦までの間を中心にアジア各地で撮影された7万枚の写真の中から、厳選した1万枚をデジタル化したデータベースです。未来へ継承するデータベース「朝日新聞歴史写真アーカイブ」として、図書館向けデータベース『聞蔵(きくぞう)IIビジュアル』に2009年1月からコンテンツとして追加。 詳細はこちら(PDFダウンロード)

 航空兵器の急速な発達は、従来の戦争にあった前線と銃後の区別をなくしてしまった。第1次大戦で軍需品の生産力と戦意を奪うことを目的に始まった都市への無差別爆撃は、第2次大戦にかけてエスカレート。万単位の市民を惨殺するじゅうたん爆撃となり、原子爆弾の投下に行き着いた。

●自らの戦略、やがて本土襲う

 1940年8月9日午後4時、蒋介石が臨時首都とした中国・重慶市街を猛煙と爆風が襲った。
 旧日本海軍の九六式陸上攻撃機(中攻)による爆撃だった。海軍として同年26回目。蒋介石政権の戦争継続の意志をそぐため陸海軍が共同し、同年5月から従来の体制を改めた「百一号作戦」の一環だった。当時19歳の2等航空兵曹(86)は、電信員として高度約6千メートルの機中にいた。
 偵察機や基地と暗号通信を交わし、迎撃機が来れば銃座につくのが任務で、地上を見る余裕はほとんどない。9機ごとの編隊の先頭の機にいる爆撃手に合わせ、各機は12発積んだ60キロ爆弾や焼夷(しょうい)弾を投下した。「機内に響くエンジン音で、地上の爆発音は聞こえなかった」と振り返る。
 この日、軍が発表した航空写真の裏には「軍事施設及び政府重要機関を徹底的に爆砕」とある。しかし、元電信員は「爆弾は目標から数百メートルの範囲に散らばる。特定の目標を狙っても、10発落として8発か9発は当たらない」と話す。
 38年2月から43年8月まで続いた重慶への爆撃は、中国側のまとめで218回に及び、空襲による直接の死者だけで1万1885人という。40年6月に重慶を訪れた米国の女性ジャーナリスト、アグネス・スメドレーは「毎日のように、人間のふくれあがった死体が揚子江をプカプカと流れてゆく」と書き残した。

 都市への無差別爆撃は、第1次大戦末期に始まり、ロンドンやベルリンなどで大きな被害を出した。その後、満州事変初期の31年10月8日に日本軍による中国・錦州市への空襲、37年4月26日には内戦中のスペイン・ゲルニカへのドイツ空軍の爆撃が実行された。
 だが、重慶への爆撃は、規模も期間の長さもけた違いだった。
 「新訂版 戦略爆撃の思想」(凱風社)の著書がある軍事評論家の前田哲男さんは「臨時首都として各国の武官が駐在していた重慶への攻撃は、都市爆撃の効用を広く知らしめる結果を招いた」と指摘する。
 蒋介石の航空顧問として重慶に滞在していた米陸軍将校のクレア・シェンノートは、爆撃の戦果をつぶさに観察、ヘンリー・アーノルド米陸軍航空隊司令官あてに40年、日本への焼夷弾攻撃を準備するよう進言した。
 アーノルド司令官は当初は進言を退けたが、日米開戦後は方針を転換。45年1月20日、欧州戦線でドイツの都市への爆撃を指揮したカーチス・ルメイ少将を日本を攻撃する第21爆撃機軍団の司令官にした。
 大型爆撃機B29は中攻の10倍を超える爆弾搭載能力があった。日本への空襲に使われたM69焼夷弾は、油脂をゼリー状にしたナパームを使っており、木造家屋に強力な火災を引き起こした。東京、大阪をはじめとする日本の多くの都市は、日本軍が進化させた戦術で焼き尽くされた。
 ルメイはトルーマン大統領の原爆投下命令も実行する。45年8月6日に広島、同9日に長崎の上空で原爆が爆発した。空襲で日本国内に投下された爆弾は約16万トンに上り、民間人の犠牲者は全国で50万人を超えるといわれている。

 都市への無差別爆撃という非人道行為は、極東国際軍事裁判では裁かれなかった。日本政府は64年12月、「航空自衛隊の育成に協力した」功績をたたえ、米空軍参謀総長になったルメイに勲一等旭日大綬章を贈った。
 45年3月の東京大空襲で生き残った作家の早乙女勝元さんは「ボタン操作ではるか下の地上へ爆弾が落ちる無差別爆撃は、兵士に罪悪感が生じにくい。国家がその特性を利用する構図は、現在のイラクやアフガニスタンにもつながっている」と話している。(永井靖二)

 東京大空襲と海外通信社の配信以外の写真説明は、当時の写真の裏側に書かれていた記述を現代のかな遣いと表記に改めたものです。

写真

爆撃される重慶市街=40年8月9日午後4時過ぎ、中国・四川省の重慶上空で
【注】「わが海の荒鷲(あらわし)は第二十六回重慶爆撃を敢行。旧市街の軍事施設及び政府重要機関を徹底的に爆砕した」などの説明と、「海軍貸下」の注記がある。
海軍省「昭和14年海軍作戦経過概要図」(40年)によると、中国国内の主な爆撃目標は、海軍作戦分だけで318カ所に達する。

写真

蘭州爆撃に向かう陸軍九七式重爆撃機。太田治雄特派員負傷直前の写真=39年2月12日、中国・甘粛省蘭州の上空で
【注】太田特派員は中国内陸部の輸送ルートを爆撃する陸軍の作戦に同乗取材中、敵機の機関銃に右手を撃ち抜かれて負傷。15日付紙面には、野戦病院から送られた原稿をもとに「血の空中戦参加記」が掲載された。

過去記事を振り返るには、オンライン新聞データベース

聞蔵(きくぞう)IIビジュアル
聞蔵(きくぞう)IIビジュアル
図書館・学校向けのイメージつき新聞データベース。戦後の「紙面イメージ」と写真・図表を含む切り抜きイメージがついた使いやすいインターフェースが特徴です。
[詳細はこちら]
朝日新聞出版
新刊書籍のお知らせ
大量の未公開写真を手がかりに、「戦争」の記憶を丹念に取材した人気連載完全版!。朝日新聞社「写真が語る戦争」取材班・著『朝日新聞の秘蔵写真が語る戦争』2009年4月21日発売!
[詳細はこちら]

有料記事データベースのお問い合わせ
朝日新聞社 法人営業部

電話でのお問い合わせ

03-5541-8689
(土日祝日・年末年始を除く月曜~金曜 10:00~18:00)

PAGE TOP