記事のジャンル、配信の速さ、文字数、配信本数…目的に応じて、様々なラインナップを用意しています。このページでは、朝日新聞社が持つコンテンツの特長やサンプルをご紹介します。




ニュース速報配信サービス(ANDES)


 見出し10文字以内、本文48文字以内の速報記事を1時間ごとに、10本ずつお届けします。新幹線車内の電光掲示板でおなじみです。デジタルサイネージ、テロップなどに向いています。
 朝日新聞デジタルに掲載されるのと同じ内容の記事を同じタイミングで提供するサービスもあります。1日100本ほどです。ネット企業、一般企業、団体のホームページや放送局などでお使いいただいています。
 ニュースのジャンルは、政治、経済、社会、国際、スポーツです。


≪主なパッケージ・サービス例≫

  パソコン向けモバイル向けデジタルサイネージ向けデータ放送向け






ニュース速報配信サービス(ABIS)=報道機関向け


 朝日新聞の一線の記者が取材、執筆した記事をメディア企業に直ちにお届けします。新聞紙面はもちろん、朝日新聞デジタルよりも速いのが特徴です。新聞紙面や朝日新聞デジタルには紙幅や容量の都合で載せることができない情報が数多くありますが、ABISでは記者が取材、執筆した情報のすべてをご覧いただけます。
 記事の総数は1日1000本を超え、8日分を蓄積できます。政治、経済、社会、文化、芸能、スポーツなどすべてのジャンルを含みます。また、必要に応じてジャンルを絞ってご提供することもできます。
 他のメディア企業に記事を直ちに提供するのは、新聞界で初めてのシステムです。


≪主なパッケージ・サービス例≫

  パソコン向けデジタルサイネージ向けデータ放送向け






高校野球コンテンツ


 夏の風物詩として、幅広い年代に人気を得ております全国高等学校野球選手権大会 (夏の高校野球)。朝日新聞社では、地方大会から本大会までの全試合イニングスコアなどの各種データ配信提供を行っております。
 地方大会では、全国49地区大会のイニングごとのスコア、投手名、本塁打者名のデータを提供しております。都道府県単位での大会データの配信も可能です。
 また本大会(甲子園大会)では、データスタジアム社の協力のもと、イニングスコアデータ以外にも、打者ごとや一球ごとの速報配信も行っており、リアルタイムでの試合情報をお届けすることも可能です。配信先も、テレビ局、新聞社、ラジオ局、大手ポータルサイトなど多岐にわたり、様々なデバイスのもと、ご利用いただいております。


≪主なパッケージ・サービス例≫

  パソコン向けモバイル向けデータ放送向け各種メディア向け






写真販売(フォトアーカイブ)


 朝日新聞フォトアーカイブは、朝日新聞社が所蔵する写真を公開し、広く活用していただくために開設された写真データベースです。時代を写しとった写真をご利用ください。
 明治から現在まで、2千万枚を超える写真を所蔵しています。戦火をかいくぐってきた貴重な歴史写真をはじめ、デジタルカメラで撮影された最新のデータに至るまでの膨大な写真データが日々蓄積され続けています。
 法人・企業など事業者の皆様は、ウェブ上でID登録していただければ、これらの写真を自由に検索できます。ご利用の申し込みをいただきましたら、電子透かしを入れたデジタルデータを有料で提供します。

⇒フォトアーカイブHPへ 


≪主なパッケージ・サービス例≫

  パソコン向け







朝日新聞/法人向けサービス一覧







サービスに関するご質問やお問い合わせなど、何でもお気軽にご連絡ください。